童謡『赤い靴』等を作詞!北茨城市歴史民俗資料館を紹介します(野口雨情編)

どうもみなさまこんばんは^^
さて、前回は磯原温泉の観光スポットとして北茨城市歴史民俗資料館について紹介しました!

北茨城市が有名な童謡作詞家・野口雨情の出身地であることにちなみ、野口雨情記念館として様々な展示やグッズの販売等を実施していることについて触れましたが、今回はせっかくなので野口雨情という人物について、もう少し詳しく紹介していくこととしましょう(^^♪

それでは野口雨情編、いざスタートです!


北茨城市歴史民俗資料館


か~ら~す~なぜなくの~♪


誰もが知っている『七つの子』や『赤い靴』などの童謡を作詞した野口雨情

それでは、早速彼の生い立ちについて簡単に紹介していくこととしましょう(^^ゞ


~野口雨情の生い立ちについて~

野口雨情は、明治15年(1882年)5月29日、廻船問屋を営む父・量平の長男として茨城県多賀郡磯原村(=現在の北茨城市)に生まれました。
本名・野口英吉。父は地元の名家でもあり、村で村長を務めた経歴もあるほどの人望家だったそうです。

今でこそ冒頭で紹介した『七つの子』や『赤い靴』、『シャボン玉』や『あの町この町』等、枚挙に暇がないほど数々の有名な童謡を作詞し、後世に残した野口雨情ですが、彼の詩作活動は当初は順調なものではありませんでした。

明治30年(1897年)、東京へ上京後、東京専門学校(=現在の早稲田大学)に入学するも、1年余で中退してしまった野口雨情は、この頃より詩作活動に取り組み始めました。
父の死を受け、家督を継ぐべく地元へ帰郷した野口雨情は、水戸から処女詩集枯草』を自費出版するものの世間からの反響は得られず不発に終わりました。

後に、彼は相馬御風人見東名加藤介春三木露風らと共に早稲田詩社を結成しましたが、この頃より次第に詩作活動から遠ざかるようになり、北海道で新聞記者として活動していた頃には、歌人・石川啄木と机を並べて働いていたこともあるそうです。

大正4年(1915年)、それまで東京と地元を転々としていた野口雨情は、いわき湯本温泉にあった『柏屋』を訪れ、そのまま3年半居候することになります。
この頃から詩作活動を再開し、大正8年(1919年)には『都会と田園』で詩壇復帰を果たします。
また、同じ頃、『枯れすすき』という題名(=後の『船頭小唄』)で童謡を作詞し、中山晋平に作曲を依頼したところ、これが大きな反響を呼びました。

大正10年(1921年)には『七つの子』や『赤い靴』、『青い目の人形』など、今尚私達の良く知る著名な童謡を次々作詞・発表し、その後は全国各地を飛び回り、童謡・民謡普及の活動に力を尽くしました。
昭和18年(1943年)、病に倒れた野口雨情は、昭和19年(1944年)には戦火を逃れる為に疎開し、宇都宮に転居して療養生活を営んでいましたが、昭和20年(1945年)1月27日に永眠、享年は63歳でした...



以上が野口雨情の生い立ちになります~(^^

次回は、北茨城市歴史民俗資料館のすぐ近くに今も尚保存されている野口雨情生家について紹介したいと思いますので、よろしくお願いします!

≪北茨城市歴史民俗資料館 基本情報≫

 所在地:茨城県北茨城市磯原町磯原130-1

 開館時間:9時~16時半(※最終入館は16時)
 休館日:月曜日(※祝・祭日の場合は翌日)、12月29日~1月1日

 入館料:一般310円、学生(大学、専門学校、高校生)100円、中学生以下無料

 交通アクセス 【電車】 JR磯原駅より徒歩約20分
          【車】   常磐道北茨城ICより県道22号線/国道6号線など約3km

 直近取材日:2013/12/1




↓↓記事が参考になりましたら、ポチっと応援して頂ければ幸いです(^^♪
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

北茨城は野口雨情生誕の地!北茨城市歴史民俗資料館を紹介します

どうもみなさまこんばんは^^
さて、前回までに磯原温泉にある2軒の温泉宿について、日帰り温泉リポートをお届けして来たトコロでありますが、今回からはそんな磯原温泉周辺にある観光スポットに関して紹介していきたいと思いますので、よろしくお願いします!

七つの子』や『赤い靴』、『シャボン玉』などの有名な童謡を次々と作詞した野口雨情は北茨城出身の詩人であり、彼の展示について見学する事の出来る北茨城市歴史民俗資料館について紹介します。


北茨城市歴史民俗資料館


北茨城市歴史民俗資料館は、北茨城市磯原にある市立の資料館です。

国道6号線の海沿いにあって、前に日帰り温泉リポートで紹介した「としまや月浜の湯」より北へおよそ200mほど進んだトコロに立地しています。


北茨城の歴史に関する資料などを展示する資料館ですが、冒頭に説明した通り、北茨城は有名な詩人であり童謡作詞家である野口雨情の出身地であることから、彼の人物や作品に関する展示がたくさんあり、またの名を野口雨情記念館とも呼ばれています。


館内1Fには、野口雨情が残した直筆の書簡作品著書の展示など。

また、野口雨情と北茨城についての理解を深めることの出来る4編の映像展示などもあります。


2Fは、北茨城の歴史産業に関する展示が中心です。

さらに、館内1Fにある売店では、野口雨情が作詞した『赤い靴』にちなんで、可愛らしい赤い靴のアクセサリーグッズなんかの販売もありますよ(^^♪

≪北茨城市歴史民俗資料館 基本情報≫

 所在地:茨城県北茨城市磯原町磯原130-1

 開館時間:9時~16時半(※最終入館は16時)
 休館日:月曜日(※祝・祭日の場合は翌日)、12月29日~1月1日

 入館料:一般310円、学生(大学、専門学校、高校生)100円、中学生以下無料

 交通アクセス 【電車】 JR磯原駅より徒歩約20分
          【車】   常磐道北茨城ICより県道22号線/国道6号線など約3km

 直近取材日:2013/12/1




↓↓記事が参考になりましたら、ポチっと応援して頂ければ幸いです(^^♪
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

磯原温泉日帰り温泉リポート!二ツ島観光ホテルを紹介します(日帰り入浴編)

どうもみなさまこんばんは^^

1月もあっという間に終わり、今回から早くも2月...m(_ _)m
いやぁ、すっかりお待たせしてしまいました(^^;笑

本日は、二ツ島観光ホテル日帰り温泉リポート紹介第3回目
日帰り温泉リポート”と銘打っておきながら、第3回目の今日こそが前回アナウンスしたとおり、本当の日帰り入浴編となってしまいましたが、早速どうぞ!


二つ島観光ホテル・食事処側入口

二つ島観光ホテル・外観②


さて、前回のお食事編で北茨城の新鮮な海の幸を思う存分満喫した後は、いよいよお待ちかねの日帰り入浴へと移っていきましょう~(^^


二ツ島観光ホテルのお風呂「二眺の湯」


こちら、二ツ島観光ホテルの大浴場は「二眺の湯」と名付けられており、お食事処のさらに奥から離れのような建物になっているトコロにある大浴場となっています。

(ちなみに、若干記憶があいまいで申し訳ないのですが、お風呂とお食事の順番は確かどちらも自由に選べたような...気がします\(^o^)/笑)


こちらの二ツ島観光ホテルのお風呂も以前に紹介したとしまや月浜の湯同様に、大勢の宿泊客が何人もいっぺんに入れるほど規模の大きなものではありませんが、ガラス張りとなっている大浴場は、非常に明るくて開放的な印象。

そして、なんと言っても目の前めいっぱいに広がる太平洋の大海原の様子が実に見事なお風呂になります!


ちなみに、内風呂にはジャグジーなんかもついています(^^)v

また、内風呂の左手奥にある扉をガラガラ!と潜ると、外の露天風呂へ出ることが出来ます。


二ツ島観光ホテルの露天風呂は、内風呂と比べてもさらに小さな規模のもので、お一人様、いや、ヘタしたらお二人様でもいっぱいいっぱいになってしまうほどのミニサイズの露天風呂になりますが、ちょうど正面に望む大迫力の二ツ島の絶景はサイコーです!!


素晴らしい景色をウリにしている露天風呂にも意外とありがちですが、目隠しが高過ぎて立ち上がらないと景色が見えない...○| ̄|_

なーんていうこともなく、しっかり湯船に浸かりながらダイナミックな二ツ島の様子と太平洋の景色を満喫することが出来ます(^^♪


運良く人の少ない時間帯に当たった場合には、二ツ島の素晴らしい絶景を望むことの出来るこちらの露天風呂を贅沢にも独り占めしながら日帰り入浴を楽しむチャンスもあるかも!?!?


「二眺の湯」湯上がりスペース


...お風呂の前には、こんな感じで湯上がりスペースなんかもありますよ(^o^)/

以上、「二ツ島観光ホテル」日帰り温泉リポートでした~


今回紹介した宿の宿泊予約はこちらから!



トリップアドバイザーで料金を確認する>>


楽天トラベルで予約する>> じゃらんnetで予約する>>

Yahoo!トラベルで予約する>>


≪二ツ島観光ホテル 基本情報≫

 所在地:茨城県北茨城市磯原町磯原2553
 電話番号:0293-42-0183

 日帰り入浴:11時~14時半、大人1人700円(※レストラン利用者のみ)

 交通アクセス 【電車】 JR磯原駅より徒歩約30分
          【車】   常磐道磯原ICより県道22号線/国道6号線など約4㎞

 直近取材日:2014/12/23




↓↓記事が参考になりましたら、ポチっと応援して頂ければ幸いです(^^♪
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

プロフィール

てっぴい

Author:てっぴい
関東在住の20代。週末は専らドライブやサイクリングを楽しみながら西へ東へ。
旅先での出来事や国内各地の観光名所について気軽に綴っていきます。
(2016/11/1バスサガスBlog寄稿させていただきました(^^
よろしければ旅のご参考にぜひご覧ください!
今回投稿記事→「日本三大峡谷の1つ!自然が生んだ見事な絶景が楽しめる清津峡へと行ってみた」
http://www.bus-sagasu.com/blog/author/cyclingtour587/)

Twitter
2014/8/31Twitter始めました!
Facebook
2015/9/23Facebookページはじめました(^^ みなさまのご訪問お待ちしております! https://www.facebook.com/cyclingtour587
ブログランキング
よろしければポチっと応援よろしくお願いします(^^♪
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR