磯原温泉日帰り温泉リポート!二ツ島観光ホテルを紹介します(お食事編)

どうもみなさまこんばんは^^
さて、前回より磯原温泉日帰り温泉リポートとして二ツ島観光ホテルについて紹介しておりますが、今回もその続きになります。

なお本日は、前回アナウンスした通りお食事編になりますのでよろしくお願いします。

(なかなか日帰り温泉の話まで辿り着かないのは、どうかご容赦ください...(^^;)


二つ島観光ホテル・外観①

二つ島観光ホテル・外観②


前回紹介した通り二ツ島観光ホテルで日帰り入浴を楽しむ場合には、レストランでの食事がセットになるワケですが、こちらの二ツ島観光ホテルのお食事処は、普通にランチとしてまた来たくなるほど新鮮な美味しい海の幸が味わえますので、非常におススメです(^^♪


二ツ島観光ホテルの「おすすめお刺身膳」


お食事処メニュー人気No.1は、こちらの「おすすめお刺身膳」です!

さっすがホテルのお食事処らしく、華やかな盛り付けに小鉢香の物茶碗蒸しご飯汁物デザートまでつく豪華なお膳ですが、お刺身も全部で6種類乗っかっています(^^)v


写真を見ただけでもお刺身の新鮮さがものすごーく伝わって来るような気がしますが、早速一切れ口に運んでみると、お刺身のプリプリ感が口の中いっぱいに広がって...

ああ、こりゃたまらん!!


もちろん、こちらの「おすすめお刺身膳」のほかにも、煮魚魚の天ぷらが付いている御膳モノのメニューもいくつか用意されています(^^)


それから、新鮮な海の幸!

と聞くと、きっとみなさま想像するのが豪華なネタがてんこ盛りに乗っかった海鮮丼...(º﹃º)


かと思うのですが、9種の貝類を贅沢に盛り付けた「貝づくし丼」や「生ウニ丼」など、丼ぶりモノのメニューも豊富です(^^)v

また、魚料理だけでなく、茨城県のブランド牛である常陸牛や、こちらも同じく茨城県のブランド豚であるローズポークなどを使用したメニューも各種取り揃えられています。


...ここまでさすが自慢のいけす料理ということもあって、魚メインの御膳海鮮丼などのメニューが大変充実しているというトコロをお伝えしてきた二つ島観光ホテルのお食事処ですが!

なんとなんと、それらのメニューに加え、その日の仕入れ状況によって変わる魚料理の数々がさらに充実しているというのが、もう1つお伝えしておきたいおススメのポイントになります(^^)


店内には至るトコロに手書きの貼り紙がされていて、その日一押しのメニューが注文出来るほか、日替わりの魚料理はお造りから煮付け焼き魚お刺身などそれぞれに種類が豊富で、思わずどれを注文するか悩んでしまうほど。


日替わりで注文したソイの煮付け


こちらは、その数ある日替わりの魚料理の中から頼んだソイの煮付け


立ち昇る湯気から美味しい魚の匂いが立ち込め、食べる前からひっじょ~~~に食欲をそそりますが、煮付けの味付けはバツグンで身はホロホロ...

ああ、最高です!!


冬の時期は、北茨城が本場のあんこう鍋あんこうのから揚げなんかも注文することが出来るので、ぜひ日帰り入浴の前に北茨城の新鮮な海の幸に舌鼓を打ちましょう(^^♪


...そういうワケで、次回はようやくお待ちかねの日帰り入浴編になりますので、また次回もよろしくお願いします!

ではでは~


今回紹介した宿の宿泊予約はこちらから!



トリップアドバイザーで料金を確認する>>


楽天トラベルで予約する>> じゃらんnetで予約する>>

Yahoo!トラベルで予約する>>


≪二ツ島観光ホテル 基本情報≫

 所在地:茨城県北茨城市磯原町磯原2553
 電話番号:0293-42-0183

 日帰り入浴:11時~14時半、大人1人700円(※レストラン利用者のみ)

 交通アクセス 【電車】 JR磯原駅より徒歩約30分
          【車】   常磐道磯原ICより県道22号線/国道6号線など約4㎞

 直近取材日:2014/12/23




↓↓記事が参考になりましたら、ポチっと応援して頂ければ幸いです(^^♪
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

磯原温泉日帰り温泉リポート!二ツ島観光ホテルを紹介します

どうもみなさま新年あけましておめでとうございますm(_ _)m

気が付けば正月の三が日はとっくに過ぎ、今日は成人の日...○| ̄|_
2017年のスタートは少し遅いご挨拶となりましたが、また今年も地道に記事を増やしていければと思っておりますので、よろしくお願いします(^^ゞ

(年末は毎年やっていたご挨拶が出来なかったのが若干の心残りですが...(^^;)

さて、前年は茨城県にある磯原温泉日帰り温泉リポートについて紹介しているまさに真っ最中でしたが、今年も引き続き日帰り温泉リポートの記事を続けます!
今回は二ツ島がまさに目の前にある「二ツ島観光ホテル」の紹介になります~


二つ島観光ホテル・外観①

二つ島観光ホテル・外観②


二ツ島観光ホテルは北茨城市磯原町磯原にあるホテルになります。

前回紹介した「としまや月浜の湯」同様、磯原温泉にあるホテルになりますが、としまや月浜の湯がある旧磯原の交差点よりさらに国道6号線(陸前浜街道)を北上し、およそ1㎞程進んだ先にあるホテルです。


隣り合って磯原シーサイドホテルと建ち並んでいますが、こちらの二ツ島観光ホテルはその名の通り、「二ツ島」のまさに目の前に立地しています。

磯原海岸の記事を紹介した際にも触れましたが、日没から二ツ島の夜間ライトアップを実施しているのもこちらのホテルになります。


国道6号線(陸前浜街道)より望む二ツ島


駐車場脇にあるちょっとした園地からはこのような形で二ツ島を良く望むことが出来ます(^^)v


さて、早速こちらの二ツ島観光ホテルで日帰り入浴を楽しんでいきたいトコロなのですが、実はこちらの二ツ島観光ホテルでは、入浴のみの日帰り入浴は受け付けておりません!

(なんと(゜o゜)


...と言っても事前に予約が必要。。。

という話ではなく、日帰り入浴をする場合には必ず食事とセットになります。


料金は、食事で頼んだメニューの分の代金入浴料の700円です。


二つ島観光ホテル・食事処側入口


こちらがお食事処側のエントランス。

ホテル側のエントランスとは別になっていて、国道沿いにあるレストランとして気軽に立ち寄ることの出来る二ツ島観光ホテルのお食事処ですが、自慢のいけすを使った新鮮な北茨城の海の幸を味わうことが出来ますので、まずは食事から楽しんでいきましょう~(^^♪


そういうワケで、次回はお食事編になりますのでよろしくお願いします(^^ゞ


今回紹介した宿の宿泊予約はこちらから!



トリップアドバイザーで料金を確認する>>


楽天トラベルで予約する>> じゃらんnetで予約する>>

Yahoo!トラベルで予約する>>


≪二ツ島観光ホテル 基本情報≫

 所在地:茨城県北茨城市磯原町磯原2553
 電話番号:0293-42-0183

 日帰り入浴:11時~14時半、大人1人700円(※レストラン利用者のみ)

 交通アクセス 【電車】 JR磯原駅より徒歩約30分
          【車】   常磐道磯原ICより県道22号線/国道6号線など約4㎞

 直近取材日:2014/12/23




↓↓記事が参考になりましたら、ポチっと応援して頂ければ幸いです(^^♪
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

磯原温泉日帰り温泉リポート!としまや月浜の湯を紹介します

どうもみなさまこんばんは^^
さて、前回より海を見るなら冬がおススメ!ということで、茨城県北茨城市にある磯原海岸について紹介しておりますが、今回は日帰り温泉リポートの紹介です。

...しっかし、いやぁ~~~~~、本っ当に久しぶりですね、日帰り温泉リポート!

こういう温泉宿のちゃんとした日帰り温泉リポートを以前に紹介したのは、もう1年近く前のことになりますでしょうか\(^o^)/
(私も正直、前回の日帰り温泉リポートをいつ紹介したのか、あまり覚えていない...(^^;)

もはや間隔が空き過ぎて、この企画はお蔵になってしまったのか??
と思わず勘違いしてしまう程の有様ですが、今回は磯原温泉にある温泉宿「としまや月浜の湯」について紹介していきたいと思いますので、よろしくお願いします(^^♪


磯原温泉・としまや月浜の湯


としまや月浜の湯は、北茨城の磯原温泉にある温泉宿です。

国道6号線(陸前浜街道)沿いに何軒か点在する磯原温泉の中でも磯原の市街地寄りに位置する温泉宿で、“あんこう”のイラストが目印の市営磯原駐車場の隣になります。


正面玄関より続くとしまや月浜の湯のエントランス


早速、ホテルの正面玄関を潜りエントランスへ。

こちらのとしまや月浜の湯も東日本大震災の津波で、一時は営業不能の状況に陥りましたが、今はリニューアルもされていて、ホテルのロビーも大変おしゃれな印象を受けます(^^)v


フロントで日帰り入浴の受付を済ませ、いざ温泉へ!

入浴料は一人1,000円になります。


温泉は、エレベーターを昇って最上階5階です。

こちらのとしまや月浜の湯には、それぞれ「月見の湯」と「浜見の湯」がありますが、浴場の男女の交代はなく、どちらも内湯露天風呂が1つずつの大浴場となります。


中に入ると、浴槽は内湯、露天風呂ともに石造りのもの。

露天風呂はサイズ感としてはややこじんまりとした印象ですが、内湯はガラス張りの温泉になっていて、入浴するにはとても開放的で気持ち良いお風呂となっています(^^♪


また、としまや月浜の湯は海のすぐ側に面していますので、5階から眺める太平洋の景色は実に素晴らしいです!


手前の天妃山と何処までも広がる太平洋絶景

...ああ、天国ですな


さらにさらに、こちらのとしまや月浜の湯では、1階にあるレストラン「魚ぐん探ちき」にてランチの営業なんかもやっていたりしますので、日帰り温泉とあわせて北茨城の新鮮な海の幸も一緒に味わってみてはいかがでしょうか(^^♪


としまや月浜の湯ロビーに飾られていたクリスマスツリー(2013)


(としまや月浜の湯より、メリークリスマス!(^^)

以上、「としまや月浜の湯」日帰り温泉リポートでした~


今回紹介した宿の宿泊予約はこちらから!



トリップアドバイザーで料金を確認する>>


楽天トラベルで予約する>> じゃらんnetで予約する>>
JTBで予約する>> Yahoo!トラベルで予約する>>

≪としまや月浜の湯 基本情報≫

 所在地:茨城県北茨城市磯原町磯原200-3
 電話番号:0293-43-1311

 日帰り入浴:11時~14時、大人1人1,000円

 交通アクセス 【電車】 JR磯原駅より徒歩約20分
          【車】   常磐道北茨城ICより県道22号線/国道6号線など約3㎞

 直近取材日:2013/12/1




↓↓記事が参考になりましたら、ポチっと応援して頂ければ幸いです(^^♪
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

プロフィール

てっぴい

Author:てっぴい
関東在住の20代。週末は専らドライブやサイクリングを楽しみながら西へ東へ。
旅先での出来事や国内各地の観光名所について気軽に綴っていきます。
(2016/11/1バスサガスBlog寄稿させていただきました(^^
よろしければ旅のご参考にぜひご覧ください!
今回投稿記事→「日本三大峡谷の1つ!自然が生んだ見事な絶景が楽しめる清津峡へと行ってみた」
http://www.bus-sagasu.com/blog/author/cyclingtour587/)

Twitter
2014/8/31Twitter始めました!
Facebook
2015/9/23Facebookページはじめました(^^ みなさまのご訪問お待ちしております! https://www.facebook.com/cyclingtour587
ブログランキング
よろしければポチっと応援よろしくお願いします(^^♪
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR