行基と源頼朝の開湯伝説が残る温泉郷!作並温泉を紹介します(歴史編)

どうもみなさまこんばんは^^
さて、前回までは作並温泉散策編ということで、温泉街にある立ち寄りスポットなんかをいくつか紹介して来ましたが、いよいよ日帰り温泉リポートを...(^p^)

といきたいトコロなのですが、その前に!
今回は作並温泉の歴史について紹介する歴史編になります!!!

江戸時代の開湯以前にも2つ伝説が残る作並温泉。
今回はその2つの伝説と開湯の起源について一挙紹介していきたいと思いますので、よろしくお願いします~(^^♪


作並温泉を通り抜ける国道48号線


温泉の発見にまつわる2つの伝説が残る作並温泉ですが、まずはその開湯歴史について紹介していきましょう(^^)



【作並温泉ヒストリー】

作並温泉の開湯に尽力したのは、室町時代に作並に移り住んだ岩松対馬尉藤原信寿という人物の子孫にあたる地元の住民・岩松喜惣治(きそうじ)だと言われています。
当時から温泉があることは知られていましたが、長らく深い山の奥に埋もれていた作並温泉を世に広めたいと思い立ち、彼はこの地を治めていた仙台藩に対し、温泉を開発させてもらえるよう懇願しました。

寛政8年(1796年)、時の仙台藩主・伊達斉村公の時にこの願いが認められ、彼は山を開き、道を造り、広瀬川の畔に湯壺を作り上げました。
これが現在の岩松旅館の前身にあたるワケですが、山に埋もれていた作並温泉を開湯させるのには、実に8年の歳月を要したのでした...




とまぁ、現在の作並温泉の開湯の起源は以上のような形となりますが、続いて作並温泉に残る2つ開湯伝説について紹介しましょう(^^)v


開湯伝説その①~行基が出会った御仏の湯~

時は養老5年(721年)、奈良の高僧・行基が東北の地を巡湯していた際に発見したのが作並温泉だと言われています。
彼は、渓流の響き仏法僧の鳴き声に誘われて、白い湯気沸き立つ温泉に出会いました。
これを御仏の導きと合掌し、その効能湯浴みの仕方を広く人々に教えたそうです。

開湯伝説その②~源頼朝が兵馬を休めた温泉~

もう1つの開湯伝説は源頼朝奥州藤原氏を征討する際に、訪れた温泉が作並温泉だと言うもの。
傷ついたが湯浴みをしていて、元気に飛び立つ姿を見て温泉があるのを確かめたそう。
また彼は、その鳥の様子を見て自らも湯に浸かり、旅の疲れを癒したんだとか。


以上が作並温泉にまつわる2つの開湯伝説になります~(^^ゞ

次回はいよいよ作並温泉日帰り温泉リポートを紹介したいと思いますので、引き続きどうぞよろしくお願いします!

≪作並温泉 基本情報≫

 所在地:宮城県仙台市青葉区作並

 交通アクセス 【電車】 JR仙台駅より仙台市営バス「作並温泉元湯」下車徒歩すぐ
          【車】   東北道仙台宮城ICより国道48号線など約21㎞

 直近取材日:2015/7/12




↓↓記事が参考になりましたら、ポチっと応援して頂ければ幸いです(^^♪
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

宮城県初の“恋人の聖地”に認定!作並温泉を紹介します(散策編②)

どうもみなさまこんばんは^^
今回は作並温泉≪散策編≫の続きです。

前回のラサンタ(LaSanta)に引き続き、温泉街をふらふら~っと散策して行きたいと思いますので、よろしくお願いします(^^ゞ


作並温泉を通り抜ける国道48号線


さて、バス停1つ分を歩いて「作並温泉元湯」停留所の前までやって来ました(^^♪

ちなみに、こちらの「作並温泉元湯」バス停の隣には、仙台新庄or寒河江・天童方面へと向かう山交バスの「作並温泉」停留所も併設されています。


温泉街にある湯神神社


国道48号線沿いに立地する岩松旅館の向かいにあるのがこちらの湯神神社

温泉街にある小さな神社ですが、岩松旅館の湯の神様白蛇が奉られています。


“恋人の聖地”モニュメントと「お湯かけ地蔵」


そしてこちらは、湯神神社境内にある“恋人の聖地”のモニュメントと「お湯かけ地蔵」さま(^^)

作並温泉は2013年に「湯神が守る恋/作並温泉郷」として、全国各地にある“恋人の聖地”として認定されました。


これは全国的には120番目の登録にあたるそうなのですが、なんと宮城県としては快挙!

今でこそ、秋保温泉にある覗橋♡ハートKoboパーク宮城など、県内でも“恋人の聖地”に選定されたスポットはいくつかありますが、モニュメントの隣に新たに建立された表情がなんとも可愛らしい「お湯かけ地蔵」さまに温泉を掛けてあげると、恋愛に関するご利益があるんだとか。


また、こちらの「お湯かけ地蔵」さまは、湯神神社の境内以外にも各温泉旅館の軒先や前回紹介したラサンタ(LaSanta)の前にもあります!

「お湯かけ地蔵」さまに温泉を掛けてあげる“恋のお湯かけ小瓶”は、各旅館の売店にて販売しておりますので、温泉街に点在する「お湯かけ地蔵」さまを回って、ご利益にあやかるのも良いかもしれませんよ(*^^)v


≪作並温泉 基本情報≫

 所在地:宮城県仙台市青葉区作並

 交通アクセス 【電車】 JR仙台駅より仙台市営バス「作並温泉元湯」下車徒歩すぐ
          【車】   東北道仙台宮城ICより国道48号線など約21㎞

 直近取材日:2015/7/12




↓↓記事が参考になりましたら、ポチっと応援して頂ければ幸いです(^^♪
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

作並温泉の“湯の駅”ラサンタ(LaSanta)!作並温泉を紹介します(散策編①)

どうもみなさまこんばんは^^
楽しい楽しいGWの週も終わり、後は7月海の日まで平凡な日常の繰り返し...m(_ _)m
なーんていう方も多いのではないでしょうか(泣

GW明けのこの時期は精神面で相当キツイですが、「日本全国旅そうだんBlog」ではめげずに前回よりスタートした作並温泉の観光案内について紹介していきたいと思います!

今回からは、前後編2回に分けて温泉街をのんびりと散策して行こうと思いますので、よろしくお願いします~(^^♪


作並温泉を通り抜ける国道48号線


さて、前回は作並温泉について簡単に紹介したトコロで終わってしまいましたが、まずは仙台市営バスの「作並温泉元湯」バス停から1つ手前の「作並温泉元木」バス停で降りてみましょう。


湯のまち 作並観光交流館 ラサンタ(LaSanta)


こちらは作並温泉にある観光交流館ラサンタ(LaSanta)」です。

作並温泉の“湯の駅”と称し、足湯売店などがあり、さらには温泉街の情報発信基地としての役割も担っています。


温泉街の散策ガイド各温泉旅館パンフレットなどを入手したい場合はこちらから(*^^)v


ラサンタ(LaSanta)の足湯


ちなみにこちらがラサンタ敷地内にある足湯になります。

お湯の注ぎ口がウィスキーの樽を模したものになっておりますが、こちらは近くにNHKの朝ドラで一躍有名になった「マッサン」のニッカウヰスキー宮城峡蒸留所がある為です。


また、2016年度には施設内に「アルベロカフェ」がオープンしたそうで、土日月のみの営業になりますが、作並温泉でランチも楽しむことが出来ますので、機会があればぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか(^^)

≪作並温泉 基本情報≫

 所在地:宮城県仙台市青葉区作並

 交通アクセス 【電車】 JR仙台駅より仙台市営バス「作並温泉元湯」下車徒歩すぐ
          【車】   東北道仙台宮城ICより国道48号線など約21㎞

湯のまち 作並観光交流館 ラサンタ(LaSanta)

 所在地:宮城県仙台市青葉区作並字元木2-7

 営業時間:9時~17時
  アルベロカフェ:11時半~16時(ラストオーダーは15時半)
 休業日:12月29日~1月3日
  アルベロカフェ:土日月のみ営業※冬期間(12月~2月)は休業。

 直近取材日:2015/7/12




↓↓記事が参考になりましたら、ポチっと応援して頂ければ幸いです(^^♪
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

秋保温泉と並ぶ仙台の奥座敷!作並温泉を紹介します

どうもみなさまこんばんは^^
さて、前回でようやく長~~~~~い時間をかけた磯原海岸の観光案内も終わり...
(ふぅ...(^^;)

いよいよ「日本全国旅そうだんBlog」でも新章突入です!!

4月に入ってからの暖かさで、東北地方ではあっという間に桜前線が南から北へと一気に駆け抜けていったトコロだとは思いますが...
来たるグリーンシーズンを見据えて、今回からは宮城県にある作並温泉郷について紹介したいと思います!!!!!

近くにある秋保温泉と並んで“仙台の奥座敷”として古くから親しまれている温泉郷ですが、緑に囲まれながら入る温泉もまた格別ですので、早速いってみましょう~(*^^)v


作並温泉を通り抜ける国道48号線


作並温泉は宮城県仙台市にある温泉郷です。

有名な定禅寺通りJR仙台駅など、仙台の中心街がある同じ青葉区に属している温泉郷ですが、仙台の市街地からは西へ20㎞以上離れた遠い山間にあり、どちらかと言うと山形との県境近くに位置する温泉郷になります。


但し最初に説明した通り、同じ仙台市内にある秋保温泉と並んで、古くから“仙台の奥座敷”と呼ばれた作並温泉は、市街地からのアクセスは良く、JR仙台駅より特急バス仙台市営バスなどに乗車することで気軽にアクセスすることが出来ます。


JR仙山線・作並駅


作並温泉の最寄り駅はJR仙山線作並駅!

駅前から各旅館の無料の送迎バスが発着しますので、事前に宿を予約している場合は、こちらの送迎バスを利用して温泉街へとアクセスするのも良いでしょう(^^)


作並駅前の市営バス停留所


こちらは、国道48号線沿いにある仙台市営バスの作並駅前停留所です。

写真正面に見える山は鎌倉山と言って、良~く見てみるとゴリラの横顔のような形をしているので、通称「ゴリラ山」とも呼ばれているそうです(^O^)/


作並駅前のバス停より市営バスに揺られることおよそ5分。

国道48号線沿いの温泉街には、現在5軒温泉旅館が点在しています。


磯原温泉の時と同じ様に、後ほどまた例によって日帰り温泉リポートを紹介していきたいとは思っていますが、次回はまず温泉街をじっくりと散策してみたいと思いますので、よろしくお願いします~(^^ゞ

≪作並温泉 基本情報≫

 所在地:宮城県仙台市青葉区作並

 交通アクセス 【電車】 JR仙台駅より仙台市営バス「作並温泉元湯」下車徒歩すぐ
          【車】   東北道仙台宮城ICより国道48号線など約21㎞

 直近取材日:2015/7/12




↓↓記事が参考になりましたら、ポチっと応援して頂ければ幸いです(^^♪
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

すし通り-仙台駅ナカのグルメスポットを紹介します

どうもみなさまこんばんは^^
今日も宮城県の観光名所からさらにもう1つ紹介していきます。

仙台の駅ビルでお手軽に三陸の海の幸を味わうことの出来るすし通りを紹介したいと思いますので、よろしくお願いします!


こちらのすし通りに立ち寄りました福島・宮城お花見日帰りドライブ旅行の各観光スポットの個別ページへは、以下のリンクよりどうぞ(^^♪

>>関東で一番北にあるSA!那須高原SA(下り線)を紹介します(12/21)
>>二本松市は“智恵子”のふる里!道の駅安達(下り線)を紹介します(12/23)
>>福島にある桃源郷!花見山を紹介します(12/25)
>>福島県と宮城県の県境に位置するSA!国見SA(下り線)を紹介します(12/29)
>>白石川沿いに続く約8㎞の桜並木!白石川堤一目千本桜を紹介します(1/1)
>>伊達政宗の銅像と仙台の街並みを一望!青葉城址を紹介します(1/3)

また、旅行記はこちらから(^^)v

>>福島・宮城お花見日帰りドライブ旅行(2014/4/12)!二本松編(12/7)
>>福島・宮城お花見日帰りドライブ旅行(2014/4/12)!花見山編(12/9)
>>福島・宮城お花見日帰りドライブ旅行(2014/4/12)!国見SA編(12/11)
>>福島・宮城お花見日帰りドライブ旅行(2014/4/12)!大河原編(12/14)
>>福島・宮城お花見日帰りドライブ旅行(2014/4/12)!仙台編(12/15)


仙台駅前すし通り


すし通りは仙台駅の駅ビルにあるグルメスポットになります。

場所は新幹線の改札口などがある駅ビルの3階で、隣にはやはり仙台名物の牛たん通りなんかもあります。


すし通りには、全部で6つの店舗があって、順番に「北辰鮨」、「三陸前」、「こうや」、「海風土」、「あさひ鮨」、「すし職人銀次郎」です。

各店舗軒先のメニューからどこも実に美味しそうなのですが、定番の“いくら”や“うに”などといった極上の海鮮ネタの他にも、“フカヒレ”や“ぶどう海老”などといった三陸ならではのネタを味わうことも出来ます。


またお寿司や海鮮丼などと合わせて、こちらも三陸の海の幸・牡蠣などを提供するお店などもあります。

ちなみに、私は「三陸前」で“匠”シリーズから「」を注文しましたが、“まぐろ”や“かにみそ”、“くじら”などのネタがあって、大変美味でしたよ(^^


同じ場所にいろんな店舗が並んでおりますので、本当にどこにしようか迷ってしまいます(^^;

≪すし通り 基本情報≫

 所在地:宮城県仙台市青葉区中央1-1-1(仙台駅ビル3階)

 営業時間:各店舗10時~22時半(ラストオーダーは22時まで)
 定休日:各店舗無休
 料金など
   「三陸前」 “匠”シリーズ『根』 3065円

 交通アクセス 【電車】 JR仙台駅下車徒歩すぐ(仙台駅ビル内)

 直近取材日:2014/4/12




↓↓記事が参考になりましたら、ポチっと応援して頂ければ幸いです(^^♪
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

てっぴい

Author:てっぴい
関東在住の20代。週末は専らドライブやサイクリングを楽しみながら西へ東へ。
旅先での出来事や国内各地の観光名所について気軽に綴っていきます。
(2017/2/22バスサガスBlog寄稿させていただきました(^^
よろしければ旅のご参考にぜひご覧ください!
今回投稿記事→「渥美半島の最先端!伊良湖岬周辺を巡る絶景の旅」
http://www.bus-sagasu.com/blog/author/cyclingtour587/)

Twitter
2014/8/31Twitter始めました!
Facebook
2015/9/23Facebookページはじめました(^^ みなさまのご訪問お待ちしております! https://www.facebook.com/cyclingtour587
ブログランキング
よろしければポチっと応援よろしくお願いします(^^♪
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR