冬の袋田の滝散策旅行記(2014/1/12)‐袋田温泉日帰り湯巡り編

みなさまこんばんは^^
今日は前回の旅行記の続きです。

旅館の日帰り入浴2連発の袋田温泉日帰り湯巡り編をお届けしたいと思います。
それではどうぞ♪


また、奥久慈エリアの観光案内はこちらになります。

>>奥久慈の観光名所案内!まとめ(2/19)

その他の旅行記の続きはこちら。

>>冬の袋田の滝散策旅行記(2014/1/12)!氷結する袋田の滝編(1/26)
>>冬の袋田の滝散策旅行記(2014/1/12)!大子町内散策編(2/3)


冬の袋田の滝



……


午前10時になるや私は日帰り入浴の受付に向かった。

袋田の滝へ向かう道の通り沿いにある旅館・滝味の宿豊年万作だ。


滝味の宿豊年万作


チェックアウトの時間と重なりフロントは結構賑やかだった。

温泉はエレベーターを上がって3階とのこと。


ガラガラ!


脱衣場には誰もいない。

当たり前だったが日帰り入浴一番風呂だった。


早速お風呂へGO!

内風呂はひのき風呂だった。


ちゃっちゃと体を洗ってひのき風呂へ。

お湯加減もちょうど良し!


は~

まさに極楽とはこのこと。


広い浴槽を一人きりで温泉につかるという贅沢。

ひのきの効果なのか体の芯からポカポカと温まっていくのが実感できる…


露天風呂はオーソドックスな岩風呂だったが、こちらもGO!


ガラガラ!


うおお、寒い。

少しつかってあえなく退散。


再度ひのき風呂にじっくりとつかって温泉を満喫した私。

2階の休憩室を開放してくれているのも有難かった。


そして、外に出みるとものすごーく濃密なアップルパイの甘い香りが。

匂いだけでアップルパイだ!とわかってしまうほどだ。


なんでも旅館のお土産ランキングで堂々の1位に輝く名物アップルパイなんだとか。


う、うまそう…

アップルパイの売られている露店の目の前まで行くも、甘~い誘惑を辛うじて振り切り、歩いて次の日帰り温泉へ。


お次は今朝タクシーを降りた場所にある袋田温泉思い出浪漫館!

こちらは川の流れを見ながらお風呂を楽しめる渓流露天風呂が売りの旅館だ。


日は高く昇り、朝に比べて川の氷もだいぶ融けかかっていた。


袋田温泉思い出浪漫館

思い出浪漫館エントランス正面


エントランスをくぐる。


おお。


入るなり、アンティーク調なノスタルジックな雰囲気に圧倒される。

館内はどうやら大正浪漫的なモダンな雰囲気で統一されているようだった。


大浴場は階段を下って1階とのこと。

(フロントがあるフロアは2階ということらしい。)


ちなみに、名物である渓流露天風呂は大浴場とは別のところにあるとのこと。


いざ大浴場へ!

こちらの大浴場はだいぶ開放的で中央にある湯注口からは左右両方へ勢いよくお湯があふれている。


大浴場にも露天風呂はあり、露天風呂の湯注口からは内風呂のそれよりさらに勢い良くお湯があふれ出していた。

ち、ちょっと、出すぎなんじゃなかろうか…^^;


露天風呂にはジャグジーなんかもついていた。


本日2度目のお風呂でさっぱりした後は、いよいよメインの渓流露天風呂へ!


「渓流露天風呂こちら↑」


案内表示にしたがっていったん外へ。

湯涼み台の脇を抜けてさらに先へ。


先へ先へ。

あれ??意外と遠い^^;?


外に出て、川沿いの道を横断し、また中に入って、もう一度外に出て、階段を下った先に露天風呂はあった。

脱衣場、即、露天風呂という感じのお風呂であった。


なんといってもお風呂はものすごく川が近い!

もっと遠くから川を眺めて楽しむような温泉だと思っていたのだが、もはやほぼ河原にせまるような勢いのところに露天風呂は作られていた。


川辺で群れるカモたちの様子を眺めながらのお風呂。

お湯も大子の寒さに負けじと熱めのお湯でいい時間だった…。


お風呂上がりは川辺に面した湯上がり涼み台へ。


湯上がり涼み台


いかにもリラックスできそうなチェアーに腰掛けしばしゆったりとした時間を満喫。


ああ…このままずっとこうしていたい…


お風呂上がりの体はぽっかぽかで外の冷たい風に当たりながらくつろいでいてもまったく寒さは感じなかった。

―続く


さて、今回は温泉をたっぷり満喫しましたが、冬の袋田の滝散策旅行記はまだ続きます!

次回はバスを乗り継ぎ大子町探索の予定です♪


ではではまた次回お会いしましょう~^^


↓↓記事が参考になりましたら、ポチっと応援して頂ければ幸いです(^^♪
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

冬の袋田の滝散策旅行記(2014/1/12)‐氷結する袋田の滝編

どうもみなさまこんばんは^^
さてさて湯河原温泉の宿泊案内は前回で無事に終わりました!

ですので、今回からは少し趣向を変えまして、先日、冬の袋田の滝を茨城県の大子まで見に行ってまいりましたので、その旅行記を綴っていきたいと思います。

四度の滝と呼ばれる名瀑・袋田の滝、その真冬の凍てつく様子をたっぷりとどうぞ^^


また、奥久慈エリアの観光案内はこちらになります。

>>奥久慈の観光名所案内!まとめ(2/19)

そして、旅行記の続きはこちらです♪

>>冬の袋田の滝散策旅行記(2014/1/12)!袋田温泉日帰り湯巡り編(1/29)
>>冬の袋田の滝散策旅行記(2014/1/12)!大子町内散策編(2/3)


冬の袋田の滝


……

プシュー…。
朝からいきなり電車のドアが閉まる音。

本日の目的地であるJR水郡線の袋田駅をさっそく寝過ごす私。


次の常陸大子駅で急いで降りて反対方向の電車を待とうとするも、次の電車は40分後…

ハハ…朝からなにやってるんですかね、私は^^;


氷結する冬の袋田の滝を見に、せっかく超早起きしてここまで来たというのに、お昼頃に着いたのでは氷が融けてしまう。

仕方なく約6km離れた袋田の滝までタクシーでぶっ飛ばしてもらうことに。


タクシーのメーターはカシャンカシャンと容赦なくあがっていく…

たまらず手前の思い出浪漫館の前で降ろしてもらい、そこから歩くことに。


まだ時間は朝の9時過ぎ頃。

朝の大子町は澄んだ静寂に包まれていて、…なにより寒い!
(当日の大子町の最低気温はなんと-7.2℃!)

肌を刺すような寒さとはまさにこのことを言うんだろうな、と思った。


橋を渡る。

なんと川は見事にカチンコチンに凍っているではないか!


凍りつく川


こりゃあ滝の様子が楽しみだとワクワクしながら歩くことおよそ1.5km。

トンネル利用料300円を払って、早速袋田の滝へ。


ザザァ-…ザザァ-…

水の流れる音が近づいて来る。

どうやら全面的に凍結しているわけではないようだ。


エレベーターで昇った先にある第二観瀑台まで我慢が出来ず、まず下から滝を見上げる角度にある第一観瀑台へ。


おおお、すごい!


水の流れる様子に沿って見事に凍りつく滝。

滝が流れ落ちた先にある川もガッチガチだ。


夏の勢いよく水の流れ落ちる袋田の滝もかなりの迫力だが、これだけの規模の滝が一面ガチガチに凍りつく様子はまさに圧巻だった。


凍りつく袋田の滝・下側


第一観瀑台でしばし滝の様子を眺めて写真を撮りまくった後、エレベーターで第二観瀑台へ。

こちらも凍った滝の様子がよく分かる。


逆光で太陽があまりに眩しすぎたのはちょっぴり残念…^^;


第二観瀑台からの眺め


再び第一観瀑台まで戻って写真を撮りまくる。


吊り橋からも滝の様子をパシャリ。

真下を流れる凍てつく川の様子を眺めてみる。


氷を透き通って水が流れている様子が分かる…

色合いがなんとも神秘的だ。


吊り橋から滝を眺める

吊り橋から真下を眺める


散策路を戻って滝前のロータリーへ。


さてと…。
素晴らしい景色を眺めることが出来てとっても満足な私。


いや、…しっかし寒いね!

とにかく寒い!


私はたまらず午前10時の日帰り温泉の営業開始の時間になるやいなや旅館のフロントへと駆け込み、さっそく温泉を楽しむことにしたのであった…

―続く


…と、いうわけで!

次回は袋田温泉日帰り湯巡り編になります^^


それではまた次回お会いしましょう~

ではでは^^


↓↓記事が参考になりましたら、ポチっと応援して頂ければ幸いです(^^♪
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

湯河原温泉の宿泊案内‐まとめ

みなさまどうもこんばんは^^
今日は湯河原温泉の宿泊案内のまとめになります。

今まで紹介して来ました温泉旅館やホテルをずらっと一覧にしてリストにまとめておきましたので、宿探しの際には是非とも参考にしてみてください^^


あわせて湯河原温泉の観光情報はこちらをどうぞ♪

>>紅葉前線もいよいよ海際へ!神奈川県の観光名所湯河原温泉を紹介します (11/24)
>>湯河原温泉紅葉イベント情報!奥湯河原にあるお茶室を紹介します (11/26)
>>湯河原温泉ちょこっと散策情報!不動滝を紹介します (11/28)
>>足湯で疲れを吹き飛ばせ!湯河原温泉の観光名所独歩の湯を紹介します (11/30)


湯河原駅前


湯河原温泉の宿泊案内!奥湯河原周辺の旅館・ホテルを紹介します(その1)

・割烹旅館うおしづ
・奥湯河原 結唯 -YUI-

湯河原温泉の宿泊案内!奥湯河原周辺の旅館・ホテルを紹介します(その2)

・海石榴 つばき
・四季を彩る源泉の宿 奥湯河原温泉 加満田

湯河原温泉の宿泊案内!奥湯河原周辺の旅館・ホテルを紹介します(その3)

・山翠楼SANSUIROU
・仙境に佇む おもてなしの奥湯河原の宿 青巒荘
・料理自慢の温泉旅館ながお


湯河原温泉の宿泊案内!不動滝周辺の旅館・ホテルを紹介します(その1)

・ホテル大滝
・石葉

湯河原温泉の宿泊案内!不動滝周辺の旅館・ホテルを紹介します(その2)

・花長園
・美食と静寂の宿 瑞月


湯河原温泉の宿泊案内!町立湯河原美術館周辺の宿を紹介します(その1)

・湯河原の名湯 源泉 上野屋
・ゆがわら水の香里

湯河原温泉の宿泊案内!町立湯河原美術館周辺の宿を紹介します(その2)

・元湯旅館 光陽館
・源泉かけ流しの宿 オーベルジュ 湯楽

湯河原温泉の宿泊案内!町立湯河原美術館周辺の宿を紹介します(その3)

・四季倶楽部 湯河原温泉レオ若草
・源泉宿 ゆっくり


湯河原温泉の宿泊案内!こごめの湯周辺の旅館・ホテルを紹介します(その1)

・源泉と明治15年創業の歴史あるゆ宿 藤田屋
・木のぬくもりと貸切露天風呂のある宿 伊藤屋

湯河原温泉の宿泊案内!こごめの湯周辺の旅館・ホテルを紹介します(その2)

・旅館まんりょう
・湯河原温泉 自家源泉かけ流しの宿 亀屋旅館


湯河原温泉の宿泊案内!万葉公園周辺の旅館・ホテルを紹介します(その1)

・露天風呂付客室のある宿 万葉の里 白雲荘
・湯河原温泉 ホテル東横
・ゆがわら大野屋旅館

湯河原温泉の宿泊案内!万葉公園周辺の旅館・ホテルを紹介します(その2)

・旅館 魚判
・湯河原温泉 懐石旅庵 阿しか里


湯河原温泉の宿泊案内!泉公園周辺の旅館・ホテルを紹介します(その1)

・ふきや旅館
・おんやど恵

湯河原温泉の宿泊案内!泉公園周辺の旅館・ホテルを紹介します(その2)

・高台の宿 味楽亭 三桝家
・ゆがわら石亭

湯河原温泉の宿泊案内!泉公園周辺の旅館・ホテルを紹介します(その3)

・ニューウェルシティ湯河原
・川堰苑いすゞホテル


湯河原温泉の宿泊案内!宮上交差点周辺の旅館・ホテルを紹介します(その1)

・湯の里 杉菜
・湯河原温泉 ホテル四季彩

湯河原温泉の宿泊案内!宮上交差点周辺の旅館・ホテルを紹介します(その2)

・湯河原温泉 割烹旅館 久亭
・四季倶楽部 テルマーレ湯河原
・海と夜景の見える高台の宿 ホテルあかね


湯河原温泉の宿泊案内!湯河原駅周辺の旅館・ホテルを紹介します(その1)

・温泉やど うおき
・料亭小宿 ふかざわ

湯河原温泉の宿泊案内!湯河原駅周辺の旅館・ホテルを紹介します(その2)

・ゆがわら万葉荘
・ホテル城山


湯河原温泉の宿泊案内!幕山公園周辺の旅館・ホテルを紹介します(その1)

・3つの貸切湯 フレンチヴィラ ボンファム
・ユガワラベイ マンダリンハウス

湯河原温泉の宿泊案内!幕山公園周辺の旅館・ホテルを紹介します(その2)

・蜜柑の花咲く丘の宿 旅館 幸太荘
・旅館 まきやま

(2014/7/10 追記)

湯河原温泉の宿泊施設一覧にも地図を追加しておきましたので、ご活用ください。



地図が上手く表示されない場合には、下記URLを参照してください。
別ウインドウで開きます。

https://mapsengine.google.com/map/edit?mid=zqEEcoblk9I8.k_qtAHYyu-GM


↓↓記事が参考になりましたら、ポチっと応援して頂ければ幸いです(^^♪
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

湯河原温泉の宿泊案内‐幕山公園周辺の旅館・ホテルを紹介します(その2)

どうもこんばんは^^
いよいよ最終回になりましたが、今日も湯河原温泉のお宿案内です。

幕山公園周辺の旅館から2軒をどうぞ♪


また、湯河原温泉の観光案内についてはこちらを参考にしてみてください。

>>紅葉前線もいよいよ海際へ!神奈川県の観光名所湯河原温泉を紹介します (11/24)
>>湯河原温泉紅葉イベント情報!奥湯河原にあるお茶室を紹介します (11/26)
>>湯河原温泉ちょこっと散策情報!不動滝を紹介します (11/28)
>>足湯で疲れを吹き飛ばせ!湯河原温泉の観光名所独歩の湯を紹介します (11/30)

湯河原温泉のその他の宿泊施設の情報はこちらを参考にしてみてください^^

>>湯河原温泉の宿泊案内!まとめ (01/23)


蜜柑の花咲く丘の宿 旅館 幸太荘

JR湯河原駅とJR真鶴駅のちょうど真ん中辺りの高台に建つ宿。
距離にしておよそ600m、徒歩で約10分のところに日帰り温泉施設であるゆとろ嵯峨沢の湯がある。

大浴場は男女それぞれ1つずつで貸切露天風呂の用意なんかもある。
客室は専用の露天風呂がついた特別室と8畳+6畳の和洋室、8畳+4畳の和室の3タイプ。

夕食は料亭「さがみ」にて、新鮮な舟盛りや地あじの磯焼きなどを。
追加料金で夕食を部屋食にて楽しむことも可能。(※1名につきプラス1155円)

また、湯河原でみかんのシーズンには無料でみかん狩りもすることが出来る。

目安価格帯:地魚舟盛りプラン 2名1室お一人様14700円~
        ※別途入湯税あり








〒259-0312
神奈川県足柄下郡
湯河原町吉浜1898-16
TEL 0465-64-2525






じゃらんnetで予約する>>





旅館 まきやま

湯河原梅林で有名な幕山公園の少し手前にある旅館。
真鶴沖でとれる新鮮な魚介類を板長自ら仕入れ、一品一品こだわりぬく自慢の会席料理を提供する宿。

また館内には貸切展望露天風呂が2つあり、丸桶タイプの湯船につかりながらゆったりとした入浴の時間を楽しむことが出来る。
このほかにも半露天タイプの貸切風呂と通常の大浴場なんかも。

目安価格帯:スタンダードまきやま豪華舟盛会席コース
        2名1室お一人様10500円~ ※別途入湯税あり








〒259-0313
神奈川県足柄下郡
湯河原町鍛冶屋917-44
TEL 0465-63-4370






じゃらんnetで予約する>>





↓↓記事が参考になりましたら、ポチっと応援して頂ければ幸いです(^^♪
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

湯河原温泉の宿泊案内‐幕山公園周辺の旅館・ホテルを紹介します(その1)

みなさまどうもこんばんは^^
今日も湯河原温泉の宿泊施設案内です。

今回は梅の名所として有名な幕山公園周辺のお宿から2軒紹介していこうと思います。
また、長きにわたり湯河原温泉の宿泊案内をして来ましたが、いよいよ今回が最後のエリアになります!


湯河原温泉の案内はこちらをどうぞ♪

>>紅葉前線もいよいよ海際へ!神奈川県の観光名所湯河原温泉を紹介します (11/24)
>>湯河原温泉紅葉イベント情報!奥湯河原にあるお茶室を紹介します (11/26)
>>湯河原温泉ちょこっと散策情報!不動滝を紹介します (11/28)
>>足湯で疲れを吹き飛ばせ!湯河原温泉の観光名所独歩の湯を紹介します (11/30)

また、湯河原温泉のその他の宿泊施設の情報はこちらを参考にしてみてください^^

>>湯河原温泉の宿泊案内!まとめ (01/23)


3つの貸切湯 フレンチヴィラ ボンファム

新崎川沿いの高台に建つ宿。

スタイルの異なる3つの貸切風呂と古民家を改装したおしゃれなダイニングで味わうフレンチディナーが魅力のペンション形式の宿泊施設。

ディナーはブランドポークである「やまと豚」を用いたポークの赤ワイン煮をメインとするほか、相模湾で水揚げされた新鮮な魚介類と旬の食材を織り交ぜながら作るカジュアルフレンチを堪能することが出来る。

プランによっては通常のフレンチコースに加えて、60cm級の舟盛りをつけることの出来る贅沢なプランもある。

また、お風呂は大浴場がない代わりに、相模湾の展望が素晴らしい展望露天風呂「海望庵」、2008年の夏にリニューアルした寝湯スタイルの貸切風呂「展望寝湯SpaKoo 空」および家族風呂スタイルの内湯「すみの湯」をそれぞれ全て貸切で使用することが可能。

特別な日を彩る特製ハートショコラケーキがつく記念日プランなんかも。

目安価格帯 ブランド・やまと豚(スタンダード)プラン
        2名1室お一人様9800円~ ※別途入湯税あり








〒259-0312
神奈川県足柄下郡
湯河原町吉浜2030-29
TEL 0465-63-6040






じゃらんnetで予約する>>





ユガワラベイ マンダリンハウス

同じく新崎川沿いに建つ宿。
先に紹介したフレンチヴィラボンファムとは至近の距離にある。

伊勢エビ・ずわい蟹・舟盛り・お肉料理・かに汁・デザートがつく贅沢三昧夕食プランが人気の宿。
寒いこの時期には冬季限定で魚介類をふんだんに使ったブイヤベースを堪能できるプランもある。

また、お風呂は和風の露天風呂「ひいらぎ」とヨーロピアンスタイルの露天風呂「ミストラル」の2つがあり、いずれも40分時間制の貸切スタイル。
土曜日や休前日などの混雑時でも必ず一度は貸切風呂を利用できるという嬉しい配慮も。

また、朝はハワイ育ちのコーヒー・コナコーヒーでゆったりとした時間を。

目安価格帯:海の幸を贅沢に―贅沢三昧プラン― 2名1室お一人様8925円~
        ※別途入湯税あり








〒259-0313
神奈川県足柄下郡
湯河原町鍛冶屋771
TEL 0465-62-6353






じゃらんnetで予約する>>


Yahoo!トラベルで予約する>>





↓↓記事が参考になりましたら、ポチっと応援して頂ければ幸いです(^^♪
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

湯河原温泉の宿泊案内‐湯河原駅周辺の旅館・ホテルを紹介します(その2)

どうもみなさまこんばんは^^
さてさて今日も湯河原温泉のお宿紹介をしていこうと思います。

引き続き湯河原駅周辺の旅館・ホテルから2軒をどうぞ♪


ちなみに、湯河原温泉の情報についてもっと知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください。

>>紅葉前線もいよいよ海際へ!神奈川県の観光名所湯河原温泉を紹介します (11/24)
>>湯河原温泉紅葉イベント情報!奥湯河原にあるお茶室を紹介します (11/26)
>>湯河原温泉ちょこっと散策情報!不動滝を紹介します (11/28)
>>足湯で疲れを吹き飛ばせ!湯河原温泉の観光名所独歩の湯を紹介します (11/30)

また、湯河原温泉のその他の宿泊施設の情報はこちらを参考にしてみてください^^

>>湯河原温泉の宿泊案内!まとめ (01/23)


ゆがわら万葉荘

JR湯河原駅から直線距離にしておよそ500mほど、千歳川沿いの道に立地する宿。
以前に紹介したゆがわら水の香里、湯の里杉菜と同系列の旅館にあたる。

お風呂が通常の大浴場のほか岩風呂と貸切ひのき風呂があり、貸切ひのき風呂では源泉かけ流しの温泉を楽しむことが出来る。
例によって夕食の会席料理は偶数日・奇数日によって献立が変わる季節の会席料理。

また、敷地内に併設された陶芸処「万緑窯」では、ろくろを回す本格的な陶芸体験教室を楽しむことが出来る。

平日1万円をきるリーズナブルな宿泊料金設定もありがたい。

目安価格帯:基―華会席膳―四季の味覚満載基本プラン 
        2名1室お一人様8300円~ ※別途入湯税あり








〒259-0303
神奈川県足柄下郡
湯河原町土肥3-6
TEL 0465-62-3755






じゃらんnetで予約する>>


Yahoo!トラベルで予約する>>





ホテル城山

湯河原駅からおよそ200mの至近距離に位置するホテル。
先に紹介したゆがわら万葉荘と同じくゆがわら水の香里、湯の里杉菜と同系列に当たるフォレストグループが運営する宿。

湯河原の温泉に加えてラドン温泉が売りの旅館。

また、湯河原温泉郷ではめずらしく予約なしの日帰り温泉の営業も行っている。

営業時間は午前11時~午後10時半までで、料金は午前11時~午後4時までの間は大人1名1580円、午後4時~午後10時半の間は大人1名1260円。
(※但し受付は午後9時半まで)

夕食は季節の会席を偶数日・奇数日変わらず部屋食で楽しむことが出来る。

目安価格帯:基―花会席膳―四季の味覚満載基本プラン
        2名1室お一人様12600円~ ※別途入湯税あり








〒259-0305
神奈川県足柄下郡
湯河原町城堀207
TEL 0465-63-0151






じゃらんnetで予約する>>



Yahoo!トラベルで予約する>>





↓↓記事が参考になりましたら、ポチっと応援して頂ければ幸いです(^^♪
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

湯河原温泉の宿泊案内‐湯河原駅周辺の旅館・ホテルを紹介します(その1)

こんばんは^^
今回もまた湯河原温泉の宿泊施設について紹介していこうと思います。

奥湯河原温泉郷から順々に紹介してきましたが、いよいよ一番海寄りの湯河原駅周辺の旅館紹介まで来ました!
湯河原駅周辺の宿から2軒をどうぞ♪

また、湯河原温泉の情報はこちらになります。

>>紅葉前線もいよいよ海際へ!神奈川県の観光名所湯河原温泉を紹介します (11/24)
>>湯河原温泉紅葉イベント情報!奥湯河原にあるお茶室を紹介します (11/26)
>>湯河原温泉ちょこっと散策情報!不動滝を紹介します (11/28)
>>足湯で疲れを吹き飛ばせ!湯河原温泉の観光名所独歩の湯を紹介します (11/30)

湯河原温泉のその他の宿泊施設の情報はこちらを参考にしてみてください^^

>>湯河原温泉の宿泊案内!まとめ (01/23)


温泉やど うおき

湯河原駅前の階段を降り、そのまま道を真っ直ぐおよそ400mほど進んだ先にある宿。
元は魚屋さんが運営する旅館で、すべて魚料理にこだわる自慢の磯会席が魅力。

宿の主人自ら朝早く早川港にある小田原公設市場まで競りに出掛け、そこで競り落とした新鮮な地魚類を提供する。

ちなみに、客室も魚にちなんだ名前がつけられており、「鱵(さより)」の部屋にはベッドルームと客室露天風呂が、「鱸(すずき)」の部屋にはひのきの客室露天風呂がつく。

お風呂は屋上にある天空露天風呂を無料で貸切(到着後予約制・1回30分)で使用できるほか、小さめのお風呂場と大きめのお風呂場とがあり、丸桶型の露天風呂なんかもある。

また、ホームページから一部予約プランを申し込むと、「選べるおみやげ」をお一人様1品プレゼントしてくれるという嬉しい特典も。

目安価格帯:地魚10畳和室プラン 2名1室お一人様12600円~
        ※別途入湯税あり








〒259-0303
神奈川県足柄下郡
湯河原町土肥4-11-11
TEL 0465-63-5285






じゃらんnetで予約する>>





料亭小宿 ふかざわ

湯河原駅から約400m徒歩7~8分のところに位置する宿。
ミシュランガイド東京横浜湘南2012・2013に掲載された評判には定評がある旅館。

素材の入荷状況によって内容が変わる自慢の月替わり創作会席料理を部屋出しにて提供する。

朝食も通常のものとは別に朝から新鮮なお造りがつくグレードアッププランや洋食朝食プラン、新鮮な野菜をバーニャカウダーソースで楽しむとれたて新鮮野彩メニューなどの用意もあり充実。

お風呂は屋上にある展望貸切露天風呂―翔天―を到着時予約制で30分無料で楽しめるほか、男女交代制で岩壁から滝が流れ落ちる様子が特徴的な大浴場「滝の湯」と「長寿の湯」をそれぞれ楽しむことが出来る。

客室は和室8畳のリーズナブルなタイプのものと和室10畳のスタンダードタイプ、専用ひのき風呂がついた和室10畳客室―HINOKI―+グループ用16畳和室の4タイプ。

また、常時15種類程度用意のある豊富な宿泊プラン設定もまた魅力の1つ。

目安価格帯:彩―sai―/部屋食 人気No.1スタンダード舟盛付プラン
        2名1室お一人様14700円~ ※別途入湯税あり








〒259-0303
神奈川県足柄下郡
湯河原町土肥5-4-6
TEL 0465-64-0150






じゃらんnetで予約する>>


Yahoo!トラベルで予約する>>





↓↓記事が参考になりましたら、ポチっと応援して頂ければ幸いです(^^♪
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

湯河原温泉の宿泊案内‐宮上交差点周辺の旅館・ホテルを紹介します(その2)

こんばんは^^
今日も元気良く湯河原温泉の宿泊案内いってみましょう~♪

前回に引き続き宮上交差点周辺の宿から3軒ほど紹介します。


湯河原温泉の観光スポット情報についてはこちらを参考にしてみてください!

>>紅葉前線もいよいよ海際へ!神奈川県の観光名所湯河原温泉を紹介します (11/24)
>>湯河原温泉紅葉イベント情報!奥湯河原にあるお茶室を紹介します (11/26)
>>湯河原温泉ちょこっと散策情報!不動滝を紹介します (11/28)
>>足湯で疲れを吹き飛ばせ!湯河原温泉の観光名所独歩の湯を紹介します (11/30)

また、湯河原温泉のその他の宿泊施設の情報はこちらを参考にしてみてください^^

>>湯河原温泉の宿泊案内!まとめ (01/23)


湯河原温泉 割烹旅館 久亭

県道75号線から1本山側の道沿いに立地する旅館。

市場直送の新鮮な魚介類を活かした大漁会席料理が自慢の旅館。
10種類前後の大漁舟盛り、ズワイ蟹、和牛の鉄板焼きなんかが付いた豪華な料理構成で夕食を楽しむことが出来る。

また、温泉は24時間利用可能で源泉かけ流しのお風呂をじっくりと。

目安価格帯:久亭おすすめ豪華大舟盛付大漁贅沢会席 2名1室お一人様14980円~
        ※別途入湯税あり








〒259-0314
神奈川県足柄下郡
湯河原町宮上175-2
TEL 0465-62-2890






じゃらんnetで予約する>>





四季倶楽部 テルマーレ湯河原

以前に町立湯河原美術館周辺の宿で紹介した湯河原温泉レオ若草と同系列にあたる四季倶楽部が運営する宿。

宮上交差点の目の前に立地し、湯河原小学校の隣にある。
2012年1月にリニューアルオープンした。

開放的なラウンジが特徴的で、客室は和室12室、和洋室1室の計13室。
有料にはなるが、卓球場やカラオケルーム、テニスコートなどの設備もある。

値段は平日休日に関わらず、オールシーズン全て同一料金の1泊朝食付き5250円。

目安価格帯:1泊2食付プラン 2名1室お一人様8400円~








〒259-0314
神奈川県足柄下郡
湯河原町宮上32-8
TEL 03-5695-3366
    (予約センター)





じゃらんnetで予約する>>





海と夜景の見える高台の宿 ホテルあかね

湯河原駅の裏側の高台に立地するホテル。
県道75号線から分岐するオレンジラインの入り口からそのまま登っていった先にある。

高台から眺める湯河原の街並みと相模灘の景色、および湯河原の夜景が自慢のホテル。
部屋からはもちろん展望大浴場である「福寿の湯」からも素晴らしい湯河原と相模灘の眺望を楽しむことが出来る。

お風呂は展望大浴場の他にも、露天風呂「茜照の湯」、大浴場「長寿の湯」、貸切半露天風呂「楽心の湯」(要予約40分1575円)などがある。

夏季にはプールの営業もあり、宴会場や会議場、ゲームコーナーなんかもある。

目安価格帯:月替わり会席スタンダードプラン 2名1室お一人様12750円~








〒259-0304
神奈川県足柄下郡
湯河原町宮下705
TEL 0465-63-2255






じゃらんnetで予約する>>





↓↓記事が参考になりましたら、ポチっと応援して頂ければ幸いです(^^♪
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

湯河原温泉の宿泊案内‐宮上交差点周辺の旅館・ホテルを紹介します(その1)

みなさまこんばんは^^
そして今日も湯河原温泉のお宿案内になります。

宮上交差点周辺の宿泊施設から2軒紹介します。


湯河原温泉の散策情報はこちらになります♪

>>紅葉前線もいよいよ海際へ!神奈川県の観光名所湯河原温泉を紹介します (11/24)
>>湯河原温泉紅葉イベント情報!奥湯河原にあるお茶室を紹介します (11/26)
>>湯河原温泉ちょこっと散策情報!不動滝を紹介します (11/28)
>>足湯で疲れを吹き飛ばせ!湯河原温泉の観光名所独歩の湯を紹介します (11/30)

また、湯河原温泉のその他の宿泊施設の情報はこちらを参考にしてみてください^^

>>湯河原温泉の宿泊案内!まとめ (01/23)


湯の里 杉菜

町立湯河原美術館周辺の宿でも紹介したゆがわら水の香里と同系列のフォレストグループが運営する旅館。
湯河原パッキーボウル前の三叉路を県道方面ではなく千歳川沿いの道を先に進んだところに位置する。

ゆがわら水の香里同様、夕食の献立は季節ごとに変わり、偶数・奇数日によっても献立が変わる方式で提供される。

また、杉並区民限定の宿泊プランなども。

目安価格帯:1泊2食付すぎなスタンダードプラン 2名1室お一人様8500円~
        ※別途入湯税あり








〒259-0314
神奈川県足柄下郡
湯河原町宮上279
TEL 0465-62-4805






じゃらんnetで予約する>>


Yahoo!トラベルで予約する>>





湯河原温泉 ホテル四季彩

おなじみ伊藤園ホテルグループが運営するホテルの1つ。
湯の里・杉菜からさらに千歳川沿いの道を下流側へ向かった先にあるホテル。

やはりなんといってもホテル四季彩の魅力は365日同一料金のリーズナブルな価格設定とソフトドリンク・アルコール付きの90分食べ放題の和洋中夕食バイキング。
無料のカラオケ・卓球コーナーなんかもあり施設も充実。

夏季には子供用の温水プールの営業もある。

目安価格帯:365日同一価格バイキングプラン1泊2食付 2名1室お一人様7800円~








〒259-0314
神奈川県足柄下郡
湯河原町宮上235
TEL 0465-60-3334






じゃらんnetで予約する>>



Yahoo!トラベルで予約する>>





↓↓記事が参考になりましたら、ポチっと応援して頂ければ幸いです(^^♪
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

湯河原温泉の宿泊案内‐泉公園周辺の旅館・ホテルを紹介します(その3)

どうもみなさまこんばんは^^
さてさて今日も湯河原温泉の宿泊案内です。

泉公園のお宿紹介、最終回の今回は伊豆湯河原温泉から2軒のホテルを紹介していきたいと思います。


湯河原温泉の観光案内はこちらをどうぞ♪

>>紅葉前線もいよいよ海際へ!神奈川県の観光名所湯河原温泉を紹介します (11/24)
>>湯河原温泉紅葉イベント情報!奥湯河原にあるお茶室を紹介します (11/26)
>>湯河原温泉ちょこっと散策情報!不動滝を紹介します (11/28)
>>足湯で疲れを吹き飛ばせ!湯河原温泉の観光名所独歩の湯を紹介します (11/30)

また、湯河原温泉のその他の宿泊施設の情報はこちらを参考にしてみてください^^

>>湯河原温泉の宿泊案内!まとめ (01/23)


ニューウェルシティ湯河原

泉公園の隣に立地するホテル。
県道75号線から千歳川を渡った先にエントランスがあり、川を隔ててぎりぎりのところで静岡県側にある。

また、歩いてすぐのところにボーリング場である湯河原パッキーボウルが存在する。
大浴場はB1Fに「万葉の湯」と「不動の湯」があり、加えて1Fに露天風呂「いずみの湯」がある。

中でも露天風呂「いずみの湯」は年中無休で日帰り温泉を営業している。
日帰り温泉は11時~翌朝9時の営業時間で、入館料は大人一人1000円。

露天風呂はエントランスを入って右手奥に存在する。
また、エントランスの左手にはお食事処「瀬音」があり、ランチメニューも用意がある。

フロントの正面には、無料の休憩処と軽食処を兼ねる憩いのスペースなんかも。

ホテルの2F、3Fには会議室も充実し、会議・研修向けの宿泊プランなども存在する。
湯河原駅からニューウェルシティ湯河原まで無料シャトルバスもあり。

目安価格帯:通年プラン(洋室・ツイン禁煙ルーム) 2名1室お一人様11600円~
        ※別途入湯税あり








〒413-0001
静岡県熱海市
泉107
TEL 0465-63-3721






じゃらんnetで予約する>>


JTBで予約する>>


Yahoo!トラベルで予約する>>





川堰苑いすゞホテル

県道102号線を挟んでホテル・ニューウェルシティ湯河原の向かいに立地するホテル。
川堰苑いすゞホテルもまた静岡県側に位置する。

館内は川堰苑と東館、西館にそれぞれ分かれ、川堰苑には全室にひのき内風呂がついた特別室や大浴場などがある。
そのほか東館には展望露天風呂と客室、西館には個室料亭と客室などがある。

お風呂は大浴場である「みょう加湯」、「オレンジ風呂」と貸切のできる展望露天風呂の3つ。

「みょう加湯」には、ひのき露天風呂とジャグジーがあり、「オレンジ風呂」には円い形が特徴的な内風呂と岩露天風呂がある。

食事は少人数であるなら夕食・朝食共に部屋食で、大人数であるなら個室料亭「嵯峨乃亭」にて食事を楽しむことが出来る。

カラオケボックスやラウンジ・クラブ「吉兆」なども。
また、公式HP限定のリーズナブルなインターネット予約プランなども展開する。

目安価格帯:スタンダード(貸切露天風呂50分無料)プラン
        2名1室お一人様15900円~








〒413-0001
静岡県熱海市
泉266
TEL 0465-62-5111






じゃらんnetで予約する>>



JTBで予約する>>



Yahoo!トラベルで予約する>>





↓↓記事が参考になりましたら、ポチっと応援して頂ければ幸いです(^^♪
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

プロフィール

てっぴい

Author:てっぴい
関東在住の20代。週末は専らドライブやサイクリングを楽しみながら西へ東へ。
旅先での出来事や国内各地の観光名所について気軽に綴っていきます。
(2017/2/22バスサガスBlog寄稿させていただきました(^^
よろしければ旅のご参考にぜひご覧ください!
今回投稿記事→「渥美半島の最先端!伊良湖岬周辺を巡る絶景の旅」
http://www.bus-sagasu.com/blog/author/cyclingtour587/)

Twitter
2014/8/31Twitter始めました!
Facebook
2015/9/23Facebookページはじめました(^^ みなさまのご訪問お待ちしております! https://www.facebook.com/cyclingtour587
ブログランキング
よろしければポチっと応援よろしくお願いします(^^♪
カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR