国見SA(下り線)-東北道にあるSAを紹介します

どうもみなさまこんばんは^^
さーて、今日も元気に観光案内いきますよー

今日は、東北道の国見SA(下り線)について紹介しますので、よろしくお願いします!


福島・宮城お花見日帰りドライブ旅行の途中で立ち寄りました各観光スポットの案内は、こちらを参考にしてみてください。

>>関東で一番北にあるSA!那須高原SA(下り線)を紹介します(12/21)
>>二本松市は“智恵子”のふる里!道の駅安達(下り線)を紹介します(12/23)
>>福島にある桃源郷!花見山を紹介します(12/25)
>>白石川沿いに続く約8㎞の桜並木!白石川堤一目千本桜を紹介します(1/1)
>>伊達政宗の銅像と仙台の街並みを一望!青葉城址を紹介します(1/3)
>>仙台駅ビルで三陸の海の幸に舌鼓!すし通りを紹介します(1/5)

また、旅行記につきましては、こちらからになります!

>>福島・宮城お花見日帰りドライブ旅行(2014/4/12)!二本松編(12/7)
>>福島・宮城お花見日帰りドライブ旅行(2014/4/12)!花見山編(12/9)
>>福島・宮城お花見日帰りドライブ旅行(2014/4/12)!国見SA編(12/11)
>>福島・宮城お花見日帰りドライブ旅行(2014/4/12)!大河原編(12/14)
>>福島・宮城お花見日帰りドライブ旅行(2014/4/12)!仙台編(12/15)


国見SA(下り線)は、東北道の途中にあって、福島県の伊達郡国見町にあるSAになります。

位置的には福島県ですが、本当に宮城県と福島県の県境近くにあって、SAを出て本線へ戻るともういきなり宮城県白石市へと入ります(^^;


施設はショッピングコーナーやフードコートなどがある建物とレストランがある建物とでそれぞれ別々に分かれており、お土産はレストランがある建物の方でも売られています。


国見SAレストランの牛たん定食


レストランでは、お隣宮城県白石市の地元グルメ・白石温麺(うーめん)や、いかにも東北らしく牛タン定食などのメニューがありますよ(^^

また、ショッピングコーナーの入口近くにはE-NEXCO野菜市場なんかがあって、旬のシーズンには福島県産のを筆頭に、様々な果物や野菜が売られていますので、こちらもおススメです。

≪国見SA(下り線) 基本情報≫

 所在地:福島県伊達郡国見町大字貝田字山口12
 営業時間
   レストラン 7時~21時
   ショッピングコーナー 24時間営業
   スナックコーナー 24時間営業
   E-NEXCO野菜市場 8時~17時
   ガソリンスタンド 24時間営業

 交通アクセス 【車】 東北道川口JCTより約282km
 駐車場 普通106台 大型35台 身障者用2台

 直近取材日:2014/8/22



―2014年の年の瀬に―

いやぁ~、そしてまた今年もあっという間に1年が過ぎてしまいました!


昨年同様、非常に中途半端な状態で年末のこの時期を迎えてしまいましたが、

今回で年内のブログの更新は終了になります。


また来年もさまざまな角度から旅行の楽しさを記事にしていけたらと思っておりますので、

よろしくお願いします。


それでは、良いお年を(^^
2014/12/29 管理人てっぴい



↓↓記事が参考になりましたら、ポチっと応援して頂ければ幸いです(^^♪
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

花見山-福島市の桜の名所を紹介します

どうもみなさまこんばんは^^
さてさて、今日は前回案内しておりました通りで花見山の紹介です!

福島の桜特集と言っておきながら、ようやく初めて個別の紹介記事となりました(^^;
遅くなりましたが、早速どうぞ!

また、福島県内のそのほかの桜の名所につきましては、こちらをご覧ください。

>>郡山市内のお花見スポット!五百淵公園を紹介します(1/7)
>>郡山市を代表する桜の名所!開成山公園を紹介します(1/13)
>>福島県を代表する人気お花見スポット!三春の滝桜を紹介します(2/23)
>>三春の滝桜だけじゃない!三春町の桜を紹介します(2/25)
>>夏井川沿いに咲き乱れる千本桜!夏井千本桜を紹介します(3/3)
>>猪苗代湖畔にあるお花見スポット!舟津公園を紹介します(3/26)

花見山に立ち寄りました福島・宮城お花見日帰りドライブ旅行の旅行記はこちらからになります。

>>福島・宮城お花見日帰りドライブ旅行(2014/4/12)!二本松編(12/7)
>>福島・宮城お花見日帰りドライブ旅行(2014/4/12)!花見山編(12/9)
>>福島・宮城お花見日帰りドライブ旅行(2014/4/12)!国見SA編(12/11)
>>福島・宮城お花見日帰りドライブ旅行(2014/4/12)!大河原編(12/14)
>>福島・宮城お花見日帰りドライブ旅行(2014/4/12)!仙台編(12/15)


花見山の春


花見山は福島市にあるお花見スポットになります。

市街地の南東部に位置し、昭和初期の頃から花木生産を始めた農家さんが花見山公園として広く一般に開放している公園になります。


春になるとソメイヨシノをはじめとする様々な花々が咲き乱れ、周辺で花木生産を営んでいる農家さん達の花々も一斉に咲き誇るので、花見山だけでなく、一帯が実に色とりどりの淡いピンク色の世界に染まります。


普通お花見と言うと、一面に咲き乱れる桜(=ソメイヨシノ)を眺めながら、お座敷でも敷いて、みんなでわいわいと楽しむイメージが強いかと思います。

しかし、花見山周辺ではソメイヨシノだけでなく、同じ桜でもトウカイザクラヒガンザクラなどといった様々な品種が植えられているものですから、ピンクにもまた違った色合いがあって本当に美しいです。


ようこそ福島の桃源郷へ


写真家であった故・秋山庄太郎氏が、ここ花見山を訪れて、「福島に桃源郷あり」と形容したそうなのですが、色とりどりの花々が一斉に咲き乱れる様子は、まさに桃源郷そのものです(^^


ちなみに、春の観光シーズンには、花見山がある渡利地区では、道路幅が狭く、年々混雑がひどくなってきたことから、現在ではマイカー規制が実施されています。

マイカーで花見山を訪れる場合には、阿武隈川沿いにあるあぶくま親水公園に一度車を停めて、そこから花見山行きのシャトルバスに乗り換えます。


シャトルバスは花見山の環境整備協力金として、大人一人につき300円で運行されています。

また、福島駅東口からも花見山行きの臨時バスが運行されておりますので、街中の一般の駐車場に車を停めて、駅からバスで花見山を訪れることも可能です。


里山の春


シャトルバスの降車場から花見山へと向かう途中の風景がこちらです。

花見山の入口までは川沿いに歩行者専用のウォーキングトレイルなんかも整備されておりますので、のんびりゆったりと里山の春を感じることが出来ますよ(^^)v


連翹(レンギョウ)の花


こちらは満開の連翹(レンギョウ)の花になります。


一面の菜の花と咲き乱れる桜


まだ花見山の手前の段階で、これだけ美しい風景が次々と目の前に現れて来るものですから、この先が恐ろしくなってしまう程です…(^^;


さて、いよいよ花見山の入口まで来ますと、花見山には全部で3つの散策コースが用意されていて、それぞれ距離に応じて30分コース、45分コース、60分コースとなっております。

一番長いのは、言うまでもなく60分コースで、花見山をぐるっと一周することが可能です。


花見山写真集その1

花見山から眺める雪残る吾妻連峰

桜のトンネル


山から見下ろす里山の春の風景、雪残る吾妻連峰に桜のトンネル…

もはや言葉で説明する必要もなく美しい風景の連続ですね(^^


また、花見山は冒頭にも説明した通り、一般の農家さんの私有地になりますので、当然敷地内での宴会なんかは禁止されているのですが、お花見恒例のあまり騒がしい雰囲気が得意でない方にはじっくりとお花見を楽しむことの出来るおススメスポットかもしれません(^^)v


色とりどりの花


花の種類も様々ですので、春の長い期間お花見を楽しむことが出来るのも花見山の大きな特徴の1つになります。


再びシャトルバスの降車場付近まで戻ってくれば、降車場の目の前の物産ひろばでは、福島の特産品なんかも売られていますよ(^^♪

≪花見山 基本情報≫

 所在地:福島県福島市渡利字原17

 アクセス 【電車】 JR福島駅より花見山行き臨時バス(花見山直行)約15分
        【車】  東北道福島西ICより国道115号線/県道309号線など約9㎞
             ※マイカー規制のため、マイカーはあぶくま親水公園よりシャトルバス利用
 花見山行き臨時バス(参考のため、2014年の情報になります)
   運行期間 2014年4月5日~2014年4月29日
   運行日 期間中毎日
   乗り場 JP福島駅東口6番バス乗り場
   料金 大人片道250円 子ども130円 大人往復500円 子ども250円

 直近取材日:2014/4/12




↓↓記事が参考になりましたら、ポチっと応援して頂ければ幸いです(^^♪
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

道の駅安達“智恵子”の里(下り線)-二本松市にある道の駅を紹介します

どうもみなさまこんばんは^^
さてさて次回はいよいよ福島のお花見スポット・花見山を紹介します…が、今回はその前に!

旅行記の方でも寄り道してしまいました道の駅安達(下り線)を紹介していきますので、よろしくお願いします。


そのほかの観光スポットの紹介記事はこちらからになります。

>>関東で一番北にあるSA!那須高原SA(下り線)を紹介します(12/21)
>>福島にある桃源郷!花見山を紹介します(12/25)
>>福島県と宮城県の県境に位置するSA!国見SA(下り線)を紹介します(12/29)
>>白石川沿いに続く約8㎞の桜並木!白石川堤一目千本桜を紹介します(1/1)
>>伊達政宗の銅像と仙台の街並みを一望!青葉城址を紹介します(1/3)
>>仙台駅ビルで三陸の海の幸に舌鼓!すし通りを紹介します(1/5)

また、福島・宮城お花見日帰りドライブ旅行の旅行記につきましては、こちらからどうぞ(^^♪

>>福島・宮城お花見日帰りドライブ旅行(2014/4/12)!二本松編(12/7)
>>福島・宮城お花見日帰りドライブ旅行(2014/4/12)!花見山編(12/9)
>>福島・宮城お花見日帰りドライブ旅行(2014/4/12)!国見SA編(12/11)
>>福島・宮城お花見日帰りドライブ旅行(2014/4/12)!大河原編(12/14)
>>福島・宮城お花見日帰りドライブ旅行(2014/4/12)!仙台編(12/15)


道の駅安達・建物全景


道の駅安達(下り線)は、国道4号線沿いにある道の駅で、福島県二本松市にあります。


東京の日本橋から青森県の青森市まで、総延長888.8㎞、日本一長い国道として知られる国道4号線は、さすが“みちのく”を代表する主要道路ということもあって、道の駅がある二本松市付近では高速道路のようなバイパスになっています。

そのため、なんとこちらの道の駅は施設が上下線でそれぞれ別に分かれているという全国的にも大変珍しい道の駅になります。


なんだか高速道路上にあるSAのようですね(^^;

同じく上下線に施設が分かれている道の駅というと、“東海道”としてこちらも有名な国道1号線沿いにある道の駅宇津ノ谷峠なんかもそうですね。


特にこちらの道の駅宇津ノ谷峠は、まず峠を挟んで静岡市側と藤枝市側に道の駅の施設が分かれていて、そしてさらに静岡市側の道の駅に上下線別々に施設があるという道の駅安達よりもさらに施設数が多い、とんでもない道の駅になっています。


話が少し脱線してしまいましたが…(^^;

道の駅安達(下り線)は二本松市内でもほぼ福島市に近いところに位置していて、上り線の施設は半分が福島市に位置しています。


道の駅安達(下り線)


道の駅の背景に映る雄大な安達太良山の山並みが大変美しいですね(^^)v

また、こちらの道の駅は、「智恵子の里」という愛称で親しまれています。


私が道の駅を訪れた際は、結局“智恵子”さんが何者だったのかが分からず終いだったのですが、ふっふっふ~、ちゃんと調べておきましたよ~(^^


“智恵子”さんは、本名を高村智恵子と言います。

詩人、画家、そして彫刻家として知られる高村光太郎の妻であり、高村光太郎が彼女の死後に出版した詩集『智恵子抄』なんかが有名ですね。


二本松市は、その“智恵子”さんの生まれ故郷でして、市内には復元された「智恵子の生家」もあり、隣には「智恵子記念館」が併設されていて、積極的な観光PRを実施しています。


さて、“智恵子”さんがいよいよ何者かが分かったところで、長くなりましたが、道の駅安達(下り線)の施設について紹介していきましょう(^^;


道の駅には通常の農産物販売所、銘産コーナー、レストランなどがある他、24時間営業のサンクスなんかも併設されています。

特に名産コーナーでは、地元の和菓子屋さんが提供するお菓子なんかを購入することが出来ますよ♪


道の駅安達・万燈桜


そして、こちらは道の駅の敷地内にある万燈桜です。

私が訪れた時は、満開まではまだまだといった感じでしたが、こちらの万燈桜は樹齢270年とも言われる巨大な桜の樹でして、見頃の期間中はライトアップも実施され、道の駅でちゃっかりとお花見を楽しむことが出来ちゃうんですね(^^)v

≪道の駅安達(下り線) 基本情報≫

 所在地:福島県二本松市米沢字下川原田105-2
 営業時間
   レストラン 7時~19時
   二本松カフェ 9時~18時
   農産コーナー/銘産コーナー  8時半~19時
   二本松ベーカリー 8時~19時
   サンクス 24時間営業

 交通アクセス 【車】 東北道二本松ICより国道4号線約9㎞
 駐車場 普通車101台 大型車34台 身障者用4台

 直近取材日:2014/4/12




↓↓記事が参考になりましたら、ポチっと応援して頂ければ幸いです(^^♪
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

那須高原SA(下り線)-東北道にあるSAを紹介します

どうもみなさまこんばんは^^
さてさて、福島の桜特集はまだまだ続きますが、今日からは通常の観光名所案内です。

福島・宮城お花見日帰りドライブ旅行の中で立ち寄って来た観光名所を順番に紹介していきますので、よろしくお願いします。
初回の今回は東北道の那須高原SA(下り線)です!


また、旅行記のうちでそのほかに立ち寄った観光スポットについては、こちらを参考にしてみてください。

>>二本松市は“智恵子”のふる里!道の駅安達(下り線)を紹介します(12/23)
>>福島にある桃源郷!花見山を紹介します(12/25)
>>福島県と宮城県の県境に位置するSA!国見SA(下り線)を紹介します(12/29)
>>白石川沿いに続く約8㎞の桜並木!白石川堤一目千本桜を紹介します(1/1)
>>伊達政宗の銅像と仙台の街並みを一望!青葉城址を紹介します(1/3)
>>仙台駅ビルで三陸の海の幸に舌鼓!すし通りを紹介します(1/5)

福島・宮城お花見日帰りドライブ旅行の旅行記はこちらから(^^

>>福島・宮城お花見日帰りドライブ旅行(2014/4/12)!二本松編(12/7)
>>福島・宮城お花見日帰りドライブ旅行(2014/4/12)!花見山編(12/9)
>>福島・宮城お花見日帰りドライブ旅行(2014/4/12)!国見SA編(12/11)
>>福島・宮城お花見日帰りドライブ旅行(2014/4/12)!大河原編(12/14)
>>福島・宮城お花見日帰りドライブ旅行(2014/4/12)!仙台編(12/15)


那須高原SA(下り線)は、東北道の途中にあるSAで、栃木県那須郡那須町に位置しています。

通常、那須ハイランドパークや那須平成の森、茶臼岳山頂などの多くの観光名所を抱える那須エリアへと向かう際には、同じ東北道の那須ICで下りるのが最もアクセスが良いかと思うのですが、那須高原SA(下り線)はさらにその先にあります。


那須高原SA(下り線)の次が福島県の白河ICになりますので、本当に関東の中でも北の北、“みちのく”の入口にあたるSAです。


また、那須高原SA(下り線)という名前が、おしゃれなSAを連想させますね(^^

以前に紹介した赤城高原SA(下り線)同様、那須高原SA(下り線)も「ドラマチックエリア」として、2011年の12月21日にリニューアルオープンしたSAになります。


高原というイメージそのままに、売店には「御用邸チーズケーキ」などを提供する「チーズガーデン」や「高原ベーカリー」、濃厚な味わいのソフトクリームなどが売られている「高原ベーカリーCAFÉ」なんかがありますよ(^^)v

その他、売店には「ままどおる」や「くるみゆべし」などといった定番の福島銘菓、那須高原の乳製品やベーコン、フランクなどが売られています。


お土産として、美味しそうなお菓子が山ほど売られていますので、どれにしようか思わず悩んでしまいます(^^;


また、フードコートでは、先ほどの「高原ベーカリーCAFÉ」の他にも、お隣白河市の地元グルメ・白河ラーメンなどを味わうことの出来る「ら~めん白河の郷」、レストラン「ダイニングこもれび」なんかがあります。


そして、那須高原SA(下り線)にはスマートICが併設されておりますので、ETC搭載車であれば、普通のICとしてそのまま那須エリアへの観光へと向かうことが出来ます。

特にGWや紅葉が見頃を迎える秋のシーズンには、全うに那須ICから下りようとすると、一般道でとんでもない大渋滞に巻き込まれる可能性がありますので、NEXCO東日本のHPでも那須高原スマートICが渋滞回避の迂回路として推奨されていますよ(^^)v

≪那須高原SA(下り線) 基本情報≫

 所在地:栃木県那須郡那須町大字豊原丙字調連原4092-2
 営業時間
  サービスエリア・コンシェルジェ 8時~18時半(※休日は7時半~18時半)
  レストランダイニング「こもれび」 11時~21時(※休日は7時~21時)
  フードコート
    うどん・そば「めんや芽吹き」 24時間営業
    ラーメン「ら~めん白河の郷」 24時間営業
    カツ丼・カツカレー「とん豚」 10時~21時
    炒飯「好好炒飯」 10時~21時
    ホットドック・ソフトクリーム「高原ベーカリーCAFÉ」 7時~19時
  ショッピングコーナー 24時間営業(※一部店舗は営業時間あり)
  ガソリンスタンド 24時間営業

 料金など
   ダイニング「こもれび」 サーロインステーキ重 1706円
   「ら~めん白河の郷」 白河ラーメン 620円
   ショッピングコーナー 御用邸チーズケーキ 1230円など

 交通アクセス 【車】 東北道川口JCTより約161㎞
 駐車場 普通140台 大型61台 身障者用3台

 直近取材日:2014/10/14




↓↓記事が参考になりましたら、ポチっと応援して頂ければ幸いです(^^♪
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

2015お花見特集特別編-福島県の桜の名所を紹介します

どうもみなさまこんばんは^^
さて、旅行記は前回で無事に終わりましたので、今回からは通常の観光案内…といきたいところなのですが!

冬なのに福島のお花見特集ということで、今日はなんと特別編になります!!!

特別編の今回のテーマは、特定の桜の名所を紹介するのではなく、“福島の桜”ということで、福島県全体の桜事情を一挙に紹介していこうと思いますので、よろしくお願いします!

ではでは早速いってみましょう~(^^♪


また、県内各地の詳細なお花見スポットの紹介につきましては、下記のリンクページから個別の記事を参考にしてみてください!

>>福島にある桃源郷!花見山を紹介します(12/25)
>>郡山市内のお花見スポット!五百淵公園を紹介します(1/7)
>>郡山市を代表する桜の名所!開成山公園を紹介します(1/13)
>>福島県を代表する人気お花見スポット!三春の滝桜を紹介します(2/23)
>>三春の滝桜だけじゃない!三春町の桜を紹介します(2/25)
>>夏井川沿いに咲き乱れる千本桜!夏井千本桜を紹介します(3/3)
>>猪苗代湖畔にあるお花見スポット!舟津公園を紹介します(3/26)


花見山の春


まずは、福島県の紹介からになりますが、福島県は東北地方の一番南に位置する都道府県で、人口約190万人、面積13782.76平方キロメートルの都道府県になります。

人口は2010年の国勢調査の時点で、全都道府県中第18位、面積はなんと北海道、岩手県に次いで第3位の都道府県です。


その広~い県域ゆえに、太平洋側の浜通り地方から日本海側に近い会津地方まで、実に地形や気候のバリエーションが豊かで、そのため、桜前線も春先からGWの頃まで、同じ県内でも長~くお花見を楽しむことが出来るのが最大の特徴になります!


桜の名所も広い県内の各所に散らばっていて、見頃の時期を合わせれば、4月は毎週お花見…なんてことも出来ちゃいます(^^)v


さて、その桜前線ですが、福島県にはまず気候が温暖な浜通り地方からやって来ます。

スパリゾートハワイアンズなどで有名ないわき市などがある地域ですね(^^


いわき市周辺は東北地方の中でも最も気候が温暖な地域の1つでして、桜の開花は例年3月下旬4月初め頃になります。

さすがに東京都心と同程度とまではいきませんが、これらの地域では北関東の各都市と遜色ないくらいの時期には桜を楽しめます。


続いて桜前線は県庁所在地である福島市郡山市白河市などの各都市がある中通り地方へとやって来ます。

緯度で言うと、北から福島市、郡山市、白河市の順番になるのですが、不思議なことに中通りの桜前線は概ね北から南へと南下していきます!


普通、桜前線と言えば、南から北へ北上していくものなのですが、中通り地方は南へ向かうほど標高が高くなっていくものですから、桜前線が反対に進んでいくんですね(^^;

ちなみに、2014年の福島市の桜の開花日は4月8日でした。


郡山市周辺では4月半ば頃、白河市周辺の桜はそれよりも少し遅れて、4月の中旬~下旬にかけて桜が見頃を迎えていきます。

それぞれ代表的なお花見スポットは、福島市では旅行記でも訪れました花見山信夫山公園など、郡山市周辺では街ナカにある開成山公園や近年あまりにも有名になった三春の滝桜、そして白河市には南湖公園などがあります。


また、浜通りのいわき市と郡山市の間には阿武隈高地と呼ばれる高原地帯があって、それらの地域と会津地方および猪苗代湖周辺で最後に桜が見頃を迎えていきます。

会津地方では2013年のNHK大河ドラマ「八重の桜」でも舞台となった会津若松市の鶴ヶ城などが有名なお花見スポットですね(^^


阿武隈高地には夏井千本桜、猪苗代湖周辺では舟津公園などの桜の名所があります。

鶴ヶ城は会津盆地に位置しておりますので、やや早くて4月20日前後、夏井千本桜や舟津公園の桜は例年GWにかかる時期に見ごろを迎えていきます。


このように福島県の桜は、その豊かな地形や気候のおかげで、実に長い間桜を楽しむことが出来るんですね(^^

もっと言うと、県内でも一番冷涼な地域にあたる裏磐梯地域なんかでは、GWをも過ぎてなんと5月の半ば頃まで桜を楽しむことが出来るのですが…(^^;(^^;


それでは以下に地域別に桜の名所をまとめてみましたので、お出かけの際は参考にしてみてください♪

(※桜の開花や満開の時期は、年によってかなりのバラつきがありますので、お花見に出かける際には事前に開花情報等をチェックしてから行くのが万全ですね(^^)v)

ちなみに、各地域は桜の開花が早い順に並べてあります。


浜通り地方(いわき市/南相馬市/相馬市など)

 ・松ヶ岡公園(いわき市)
 ・勿来の関(いわき市)
 ・馬陵公園(相馬市)


中通り地方(福島市/郡山市/白河市など)

 ・花見山(福島市)
 ・信夫山公園(福島市)
 ・開成山公園(郡山市)
 ・五百淵公園(郡山市)
 ・霞ヶ城公園(二本松市)
 ・合戦場のしだれ桜(二本松市)
 ・三春の滝桜(田村郡三春町)
 ・白河小峰城(白河市)
 ・南湖公園(白河市)


会津地方(会津若松市/喜多方市など)

 ・鶴ヶ城(会津若松市)
 ・福満虚空藏尊圓藏寺(河沼郡柳津町)

阿武隈高地(田村市/田村郡小野町など)

 ・夏井千本桜(田村郡小野町)

猪苗代湖周辺(郡山市/耶麻郡猪苗代町など)

 ・舟津公園(郡山市)
 ・天鏡台/昭和の森(耶麻郡猪苗代町)
 ・町営牧場(耶麻郡猪苗代町)


裏磐梯地域(耶麻郡北塩原村)

 ・桜島/桧原湖(耶麻郡北塩原村)
 ・桧原の一本桜(耶麻郡北塩原村)
 ・桜峠(耶麻郡北塩原村)


花見山(福島市) 2014/4/12撮影

花見山写真集その1

開成山公園(郡山市) 2014/4/19撮影

開成山公園

五百淵公園(郡山市) 2014/4/19撮影

五百淵公園

三春の滝桜(田村郡三春町) 2014/4/20撮影

三春の滝桜

磐梯熱海温泉郷(郡山市) 2014/4/20撮影

磐梯熱海温泉郷

夏井千本桜(田村郡小野町) 2014/4/27撮影

夏井千本桜

舟津公園(郡山市) 2014/5/3撮影

舟津公園




地図が上手く表示されない場合には、下記URLを参照してください。
別ウインドウで開きます。

https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zqEEcoblk9I8.kf6lUvWdkNDU


↓↓記事が参考になりましたら、ポチっと応援して頂ければ幸いです(^^♪
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

福島・宮城お花見日帰りドライブ旅行(2014/4/12)-仙台編

どうもみなさまこんばんは^^
さて、今回はいよいよこちらのお花見旅行記の最終回になります!

前回、もう終わりかという雰囲気になりましたが、白石川堤一目千本桜がある大河原町からさらに“みちのく”を北上して、最終的に仙台まで行って来ましたので、その模様を旅行記として綴っていこうと思います。

それでは早速、旅行記をどうぞ♪


それまでの旅行記については、こちらから!

>>福島・宮城お花見日帰りドライブ旅行(2014/4/12)!二本松編(12/7)
>>福島・宮城お花見日帰りドライブ旅行(2014/4/12)!花見山編(12/9)
>>福島・宮城お花見日帰りドライブ旅行(2014/4/12)!国見SA編(12/11)
>>福島・宮城お花見日帰りドライブ旅行(2014/4/12)!大河原編(12/14)

また、あわせて今回の旅行記で立ち寄った観光名所の紹介記事についてもご覧ください!

>>関東で一番北にあるSA!那須高原SA(下り線)を紹介します(12/21)
>>二本松市は“智恵子”のふる里!道の駅安達(下り線)を紹介します(12/23)
>>福島にある桃源郷!花見山を紹介します(12/25)
>>福島県と宮城県の県境に位置するSA!国見SA(下り線)を紹介します(12/29)
>>白石川沿いに続く約8㎞の桜並木!白石川堤一目千本桜を紹介します(1/1)
>>伊達政宗の銅像と仙台の街並みを一望!青葉城址を紹介します(1/3)
>>仙台駅ビルで三陸の海の幸に舌鼓!すし通りを紹介します(1/5)


花見山の春


……

日もすっかり傾き始めていた17時過ぎ。

白石川堤一目千本桜の延々と続く美しい桜並木を存分に満喫した私は、車を停めている河川敷の方へと再び歩き始めていた。


車に戻ってふーっとひと息。

さて、帰るかと思いきや、私はカーナビに次なる目的地を登録していた。


え(^^;?


考えてみれば、もう仙台まで直線距離で30㎞もないところまで来ているのだ。

どうせなら、あと1時間2時間で仙台まで行って、美味いもんでも食べて、それで帰って来ようという算段だった(^^;(^^;


そうとなれば、早速さらに“みちのく”を北上し、仙台へと出発!

未だ混雑する大河原町内を足早に脱出して、県道14号線から村田ICへ。


これで東北道は本日3回目だ。

村田ICから仙台の中心街へ出る仙台宮城ICまでは、高速ならあっという間だった。


仙台宮城ICを下りて、青葉山トンネルを抜けると一気に仙台の中心街へと出る。

そして、駅前へと向かう前にちょっと寄り道(^^♪


よく旅行雑誌や旅番組などで定番の写真として紹介される“あの”伊達政宗の騎馬像を見ておきたいと思った私は、青葉城址へ。


伊達政宗の騎馬像


ふーっ、なんとか間に合った…

青葉城址からは、広瀬川の向こうに広がる仙台の街並みが大変良く見渡せた。


そして、伊達政宗の騎馬像をパシャリ。

銅像の写真を撮っていると、やたらテンションの高い伊達政宗(?)が突如として現れて、写真を撮ってくれると言うのだが、私は丁重にお断りをして、そそくさと駐車場へと戻った(^^;


さて、見るものをきっちり見た私は、そのまま駅前近くの適当なコインパーキングに車を駐車し、いざ仙台駅へ!

なんでもガイドブックを見ると、仙台駅の駅ビルに「すし通り/牛たん通り」なるグルメスポットがあるということであったので、狙うは三陸の美味しい海の幸を味わうことの出来るお寿司屋さんだ。


仙台駅前すし通り


「すし通り」には、全部で6店のお寿司屋さんが立ち並んでいて、どこも非常に美味しそうだったのだが、私は「すし三陸屋」さんで食事をすることに。


板前さんおすすめの“匠”シリーズを注文すると、「炙りうに」や「いくら」が乗った寿司ネタが次々と…

う~ん、こりゃあたまらんですなぁ!


寿司ネタには「くじら」やいかにも三陸らしい「フカヒレ」の握りなんかもあって、私はついつい「フカヒレ」の握りを単品で別注してしまった(^^;


いやぁ、満足でした(^^)v


美味しいお寿司を食べれて、すっかりお腹と気分が満たされた私は、そのまま仙台駅を後にし、意気揚々と車のところまで戻り、そのまま家路に着いたのであった…

以上、福島・宮城お花見日帰りドライブ旅行記でした~


いやぁ~、最後の最後まで行程を詰め込んで、結局仙台の街を出発したのは20時過ぎくらいでしたかね~(^^;

そこからひたすら東北道を東京方面へと戻り続け、自宅に着いたのは、日付が変わった日曜日の深夜だったことは言うまでもないでしょう(^^;(^^;


それにしても福島の花見山、それから、宮城の白石川堤一目千本桜どちらも素晴らしいお花見スポットでしたよ!

それぞれ特徴が異なるお花見スポットですので、東京都心の桜の見ごろを過ぎた頃には、東北に訪れる遅めの春を感じに出かけてみるのもいいかもしれませんね(^^




↓↓記事が参考になりましたら、ポチっと応援して頂ければ幸いです(^^♪
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

福島・宮城お花見日帰りドライブ旅行(2014/4/12)-大河原編

どうもみなさまこんにちは^^
さてさて、今回もお花見旅行の続きになります!

第4回目の今日は、宮城県の桜の名所・船岡城址公園を目の前にして、渋滞に巻き込まれたその模様ともう1つの桜の名所・白石川堤一目千本桜の様子を記事にして綴っていきたいと思いますので、よろしくお願いします。


こちらの旅行記のそのほかの記事につきましては、以下のリンクをご参照ください。

>>福島・宮城お花見日帰りドライブ旅行(2014/4/12)!二本松編(12/7)
>>福島・宮城お花見日帰りドライブ旅行(2014/4/12)!花見山編(12/9)
>>福島・宮城お花見日帰りドライブ旅行(2014/4/12)!国見SA編(12/11)
>>福島・宮城お花見日帰りドライブ旅行(2014/4/12)!仙台編(12/15)

また、あわせてこちらの旅行記で立ち寄った観光スポットについても紹介しておりますので、下記のリンクよりどうぞ(^^♪

>>関東で一番北にあるSA!那須高原SA(下り線)を紹介します(12/21)
>>二本松市は“智恵子”のふる里!道の駅安達(下り線)を紹介します(12/23)
>>福島にある桃源郷!花見山を紹介します(12/25)
>>福島県と宮城県の県境に位置するSA!国見SA(下り線)を紹介します(12/29)
>>白石川沿いに続く約8㎞の桜並木!白石川堤一目千本桜を紹介します(1/1)
>>伊達政宗の銅像と仙台の街並みを一望!青葉城址を紹介します(1/3)
>>仙台駅ビルで三陸の海の幸に舌鼓!すし通りを紹介します(1/5)


花見山の春


……

そろそろお花見も終わって、帰る人が増えるだろうからじきに車も流れるだろう、と待つこと10分。

セブンイレブンの脇で、ぱったりと車が動かなくなってからまったく進んでいない。


この先で引き返して来たのだろうか、反対車線からはちらほらと車がやって来る。

その分やっとこさ進んで、またぱったりと渋滞の列が動かなくなることしばらく。



………


……………


もうすでに20分くらい待っていたのだが、次の信号にすら辿り着けなかった。


そんなにーΣ(゚Д゚|||)!?!?


考えてみれば、“みちのく”を北上し続け、もうすでに仙台まですぐそこというところまで来ているのだ。

きっと仙台中の人たちがこの船岡城址公園めがけて殺到しているのだろう、とその時初めて思った。


そして、先程なんとなく流れの悪かった国道4号線ももしやこのお花見渋滞なのか、と考えれば合点がいく。

恐ろしや船岡城址公園…


もはや船岡城址公園へと向かうことを諦めた私は、次の信号で折り返して、白石川堤一目千本桜を見るべくどこか駐車出来る場所はないか、と考え始めていたのだが、いかんせん車が1ミリも動かないため、どうしようもない。


も、もう、か、勘弁してください…m(_ _)m


ようやく、1台2台と車が引き返して来て、その分進んで次の信号まで辿り着いた私は、三差路を思いっきりV字に切り返して、再び大河原駅の方向へと戻っていった。


その後も大河原町の中心街を彷徨い続けることしばらく。

ようやく河川敷の駐車場に車を停めることが出来た私は、若干よろめきつつも白石川堤一目千本桜のお花見会場へと降り立つことが出来た。


な、長かった…


白石川堤一目千本桜


いやぁ、すごい。


目の前にはずーっと先まで続く桜並木が連なっていた。


先ほどの花見山は、桜を含めた春の花たちの共演を楽しむといった感じであったが、こちらの大河原町の桜は、お花見会場に露店も立ち並んでいて、みんなでお座敷を敷いてわいわい楽しむいわゆる一般的な“お花見”といった風情であった。


大河原町の桜


こりゃまたお見事(^^

連なる桜並木の1本1本の木々は、どれも幹が太くて、かつ、枝が広く分かれていて立派な桜の木ばかりだ。


お花見屋形船

どこまでも続く桜並木

白石川と桜


延々と続く桜並木をぶら~りと(^^


河川敷を進めど進めど、桜、さくら、またさくら…

川の対岸の桜も見事に満開で、見渡す限りピンクの並木道がずーっと連なっていた。


さすがにこちらの白石川堤一目千本桜、大河原町と柴田町にまたがっておよそ8㎞も桜並木が続いているということなので、向こうの端まで行ってしまったらいつ戻って来られるか分からなくなってしまうため、途中で折り返して元来た道を引き返す。


おおがわら桜まつり会場


最後に白石川にかかる橋から桜並木を眺めてみる。


時刻は、もうすでに17時を過ぎてはいたが、美しい桜並木を一目見ようとやって来る花見客の賑わいは絶えることはなかった。

―続く


いやぁ、辿り着くまではなかなか壮絶でしたが、こちらのお花見スポットも大変綺麗でしたよ(^^♪

さて、時刻ももうすでに17時を回っていますし、今回の旅行記はこのへんで…かと思いきや!


実は旅行記はまだ続きがありまして、どうせなら仙台で美味いもんでも食おうということで、そのまま帰らずにさらに“みちのく”を北上して、結局仙台まで行ってしまいました(^^;

次回は、と言いますか、次回こそはいよいよ最終回で、東北の大都会・仙台編です。


ではでは、またお会いしましょう~




↓↓記事が参考になりましたら、ポチっと応援して頂ければ幸いです(^^♪
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

福島・宮城お花見日帰りドライブ旅行(2014/4/12)-国見SA編

どうもみなさまこんばんは^^
さてさて、今日もお花見旅行の続きですが、花見山を後にし、再び東北道へと乗り込んで次なるお花見スポットを目指していきます。

途中、東北道の国見SAにも立ち寄りまして、昼食の時間もありましたので、それでは旅行記の続きをどうぞ(^^♪


また、あわせてそのほかの旅行記はこちらのリンクからになります。

>>福島・宮城お花見日帰りドライブ旅行(2014/4/12)!二本松編(12/7)
>>福島・宮城お花見日帰りドライブ旅行(2014/4/12)!花見山編(12/9)
>>福島・宮城お花見日帰りドライブ旅行(2014/4/12)!大河原編(12/14)
>>福島・宮城お花見日帰りドライブ旅行(2014/4/12)!仙台編(12/15)

旅行記で立ち寄った観光名所の案内については、こちらをご覧ください!

>>関東で一番北にあるSA!那須高原SA(下り線)を紹介します(12/21)
>>二本松市は“智恵子”のふる里!道の駅安達(下り線)を紹介します(12/23)
>>福島にある桃源郷!花見山を紹介します(12/25)
>>福島県と宮城県の県境に位置するSA!国見SA(下り線)を紹介します(12/29)
>>白石川沿いに続く約8㎞の桜並木!白石川堤一目千本桜を紹介します(1/1)
>>伊達政宗の銅像と仙台の街並みを一望!青葉城址を紹介します(1/3)
>>仙台駅ビルで三陸の海の幸に舌鼓!すし通りを紹介します(1/5)


花見山の春


……

シャトルバスに乗り込み花見山を後にした私は、再び車を駐車していたあぶくま親水公園へと戻り、次なるお花見スポットを目指すこととした。

来た時にあまりに気が早まって、シャトルバスの乗り口からだいぶ離れたところに車を停めてしまったもので、結構遠い…(^^;


駐車場まで戻って来た頃には、もうすでに時刻は2時近くになり、お昼をとっくに過ぎていた。


時間もないので、とりあえず昼飯のことは後回しにして、東北道の福島飯坂ICから再び北を目指す。

結局、お昼は途中にある国見SAにて食べることにした。


国見SAは福島県と宮城県との本当に境界線にあるSAで、ぎりぎりで福島県に位置している。

こちらのSAでは、お土産やフードコートなどがある通常の建物とレストランとがある建物とがそれぞれ別々になっていて、私はレストランの方で食事をすることにした。


お隣の宮城県側となるが、白石市名物の温麺(うーめん)などのセットもあったのだが、せっかく東北まで来たのだから、やっぱり牛たんが食べたい!ということで、私は迷わず牛たん定食を注文した。


国見SAレストランの牛たん定食


うーん、これこれですよ!


牛たんの皿の上に乗っかっている辛味噌のアクセントがたまらんですな(^^

もちろん牛たんのボリュームも満天で美味しかったのだが、なにげに写真右下に映っている牛だしのスープが個人的にはヒットだった。


お腹もすっかり満たしたところで、国見SAを後にしてもうすぐに宮城県へと入った。

そして、次の白石ICで東北道を下り、国道4号線を仙台方面へ。


お次のお花見スポットは宮城県で唯一日本さくら名所100選に選出されている船岡城址公園だ。

船岡城址公園は柴田町にある桜スポットであるが、お隣の大河原町から連続して白石川沿い約8㎞にわたって桜並木が続く白石川堤一目千本桜も船岡城址公園と合わせて日本さくらの名所100選に選ばれている。


白石川沿いに走る国道4号線を仙台方面へと引き続き北上していく。

もう目的地の船岡城址公園までは10kmもないところまで来ているのだが、なんとなく国道4号線の流れが悪い。


仙台まではまだまだ距離もあるし、これはいかにどういうことか。

たまらず途中で白石川を渡り、対岸の県道50号線へ。


線路沿いののどかな道を走ること程なくして、まずは大河原町の白石川堤一目千本桜の入口にあたるところまで来た。

船岡城址公園まではあと5kmもない。


次なるお花見スポットを楽しみに、そのまま県道50号線を意気揚々と車を走らせて大河原駅を過ぎたところで、車はぱったりと動かなくなった。


渋滞だ

やはりお花見には渋滞はつきもののようで、もう夕方近くなるのに、こんなに混んでるのか~、と悠長に構えていたのだが、これがまたひどい渋滞なのであった…

―続く

やっぱりお花見のもう1つの隠れた名物と言えば、目的地まで連なる大渋滞ですね!

花見山は上手い具合に交通規制がされていて、すんなりと目的地まで向かうことが出来たのですが、こちらの船岡城址公園と白石川堤一目千本桜周辺では、なにせ桜の名所が至近距離に2つもあるものですから、それはもう大騒ぎでした(^^;


次回はお花見の前にその渋滞の模様から旅行記を綴っていきたいと思いますので、そちらも乞うご期待(?)です(^^;(^^;

ではでは。




↓↓記事が参考になりましたら、ポチっと応援して頂ければ幸いです(^^♪
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

福島・宮城お花見日帰りドライブ旅行(2014/4/12)-花見山編

どうもみなさまこんばんは^^
さてさて、今日は前回のお花見旅行の続きで、花見山編になります!

車を降りて、シャトルバスに乗り、花見山の散策コースを1周ぐるっと回ってみましたので、じっくりとその様子を紹介していければと思います。


旅行記のそのほかの記事につきましては、こちらからどうぞ!

>>福島・宮城お花見日帰りドライブ旅行(2014/4/12)!二本松編(12/7)
>>福島・宮城お花見日帰りドライブ旅行(2014/4/12)!国見SA編(12/11)
>>福島・宮城お花見日帰りドライブ旅行(2014/4/12)!大河原編(12/14)
>>福島・宮城お花見日帰りドライブ旅行(2014/4/12)!仙台編(12/15)

また、各観光スポットの案内記事はこちらになりますので、興味があればぜひご覧ください(^^♪

>>関東で一番北にあるSA!那須高原SA(下り線)を紹介します(12/21)
>>二本松市は“智恵子”のふる里!道の駅安達(下り線)を紹介します(12/23)
>>福島にある桃源郷!花見山を紹介します(12/25)
>>福島県と宮城県の県境に位置するSA!国見SA(下り線)を紹介します(12/29)
>>白石川沿いに続く約8㎞の桜並木!白石川堤一目千本桜を紹介します(1/1)
>>伊達政宗の銅像と仙台の街並みを一望!青葉城址を紹介します(1/3)
>>仙台駅ビルで三陸の海の幸に舌鼓!すし通りを紹介します(1/5)


花見山の春


……

道の駅を出発するとすぐに、いよいよ福島市へと入った。


市街地を抜けて、早速花見山へ!

…と言いたいところなのだが、見ごろを迎える春のこのシーズンは、花見山周辺ではマイカー規制が行われていて、残念ながら車でそのまま花見山のすぐ近くまで向かうことは出来なかった。


マイカーでお越しの方々は、近くの阿武隈川沿いにあるあぶくま親水公園に車を停めて、そこからシャトルバスに乗って花見山へ向かうという流れだ。


そうとなれば、早速あぶくま親水公園に車を停めて、花見山行きのシャトルバス乗り場を目指す。


阿武隈川の向こうには、福島市の西に聳える吾妻連峰の山並みがはっきりと見える。

雪の残る吾妻連峰と土手沿いに咲き乱れる桜並木で、実に春らしい雰囲気だ。


シャトルバスは往復300円で、だいたい15分くらいは乗車していただろうか。

花見山行きのバスは間隔を空けずに次から次へとがんがんやって来ていた。


しかしそれでも、花見山へ向かおうとする観光客の列は途絶えることはなく、バスの来る間隔が少しでも空こうものなら、シャトルバス待ちの列はたちまち長蛇の列となった。


そして、シャトルバスを降りていよいよ花見山へ!


花見山入口


おおお、すごい。

菜の花の黄色と、そして、山は色とりどりの淡いピンク色に染まり、大変美しかった。


普通お花見と言えば、一面に咲き乱れる桜並木なんかを眺めながら、みんなでわいわいと楽しむ風景を思い浮かべると思うのだが、こちらの花見山は、同じピンクでもいろんな色合いがあって、そこに赤や黄色の彩りが加わるので、いっそうきれいだった。


そして私は、シャトルバスの降り場のすぐ目の前にある広場でまずはお土産を物色(^^;

美しい景色が目の前にあるのに、ついついお土産屋さんから先に見てしまう(^^;(^^;


福島産のはちみつをがっつり購入し、ようやく花見山を目指す。


里山の春


田んぼの合間を抜ける遊歩道から眺める里山の春の様子はなんとも素晴らしかった。


連翹(レンギョウ)の花


こちらは見事な黄色ですね(^^)v


一面の菜の花と咲き乱れる桜


そして、遊歩道を進んだ先にはこんな光景が。

ああ、なんという美しや…


写真家であった秋山庄太郎氏が「福島に桃源郷あり」と形容したそうなのだが、これは本当に桃源郷ですね(^^


恐ろしいのは、一番のメインである花見山公園のまだ入口にも来ていないというところ。

未だ花見山に登らずして、その手前のところからこんなにも美しい景色が続くとなると、もうどうしたらいいのやらといった感じであった(^^;


そしてようやく花見山へ!

散策コースは花見山全体を巡る60分コースから45分コース、30分コースと3つのコースが用意されていたのだが、私は迷わず60分コースへ。


花見山写真集その1


いやぁ(^^


花見山写真集その2


おおお(^^


花見山写真集その3


これもまた(^^


花見山写真集その4


はぁ

あまりに美しすぎて思わずため息。


1周60分コースをじっくりと散策し終えた私は、大満足で帰りがけにまたちゃっかりと福島産の梨を購入して、花見山を後にしたのだった…

―続く


いやぁ~、こちらの花見山はもはや言葉で説明する必要もなく美しい景色の連続でした(^^

次回は、再びシャトルバスで駐車場へと戻り、東北道の国見SAに立ち寄って、お次は宮城県のお花見スポットを目指していきます!

ではでは、また次回お会いしましょう~




↓↓記事が参考になりましたら、ポチっと応援して頂ければ幸いです(^^♪
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

福島・宮城お花見日帰りドライブ旅行(2014/4/12)-二本松編

どうもみなさまこんばんは^^

いやぁ~、12月に入りまして、とうとう2014年も残すところあと1ヶ月になってしまいましたね!
年の瀬も近づいて来て、徐々にざわざわと慌ただしくなってくる季節ではないでしょうか(^^;

11月からはよりいっそう空気も冷たくなり、いよいよ本格的な冬の到来です。
(というか、もうすでに猛烈な寒波がやって来ていますね…(^^;)


さて、当ブログでは、前回まで雪見温泉特集ということで、栃木県から湯西川温泉、福島県から甲子温泉・新甲子温泉を紹介してきましたが、そちらは前回までで無事に終了しました!


長い長い冬が終われば、あっという間に桜咲き誇るの季節がやってきますね^^

…と、いうわけで!
今回からなんと冬の間をまるまる使って、お花見特集を開始していこうと思います!!!


え…
まだ、本格的に冬も始まってないのにお花見って…(^^;

という気はしなくもない(本当はかなりそんな気がしてます(^^;(^^;(^^;)ですが、今回からのお花見特集は、東北の桜、その中でもとりわけ福島の桜について紹介していこうと思います。


福島県は、まず浜通りのいわき市周辺から真っ先に桜の花が開き始め、その後、中通りの福島市周辺、郡山市周辺、白河市周辺と桜前線が下りて来て、最後に会津地方、猪苗代湖周辺と桜の花が満開を迎えていきます。

同じ県内でも地形や気候にかなりバラつきがありますので、春先からGWの頃までと、実に長い間桜を楽しむことの出来る絶好のお花見スポットなんです!


まずはその第1弾として、私が今年の春に行って来たお花見日帰りドライブ旅行の様子について記事を綴っていこうと思いますので、福島の桜と、あと、ちょっぴり宮城の桜の様子もお楽しみください(^^)v


また、旅行記の続きはこちらをどうぞ!

>>福島・宮城お花見日帰りドライブ旅行(2014/4/12)!花見山編(12/9)
>>福島・宮城お花見日帰りドライブ旅行(2014/4/12)!国見SA編(12/11)
>>福島・宮城お花見日帰りドライブ旅行(2014/4/12)!大河原編(12/14)
>>福島・宮城お花見日帰りドライブ旅行(2014/4/12)!仙台編(12/15)

今回の旅行記で立ち寄りました各観光スポットの紹介記事については、こちらを参考にしてみてください(^^♪

>>関東で一番北にあるSA!那須高原SA(下り線)を紹介します(12/21)
>>二本松市は“智恵子”のふる里!道の駅安達(下り線)を紹介します(12/23)
>>福島にある桃源郷!花見山を紹介します(12/25)
>>福島県と宮城県の県境に位置するSA!国見SA(下り線)を紹介します(12/29)
>>白石川沿いに続く約8㎞の桜並木!白石川堤一目千本桜を紹介します(1/1)
>>伊達政宗の銅像と仙台の街並みを一望!青葉城址を紹介します(1/3)
>>仙台駅ビルで三陸の海の幸に舌鼓!すし通りを紹介します(1/5)


花見山の春



……

朝。

いつものことながら、やはり今回も超早起きをして、早朝から東北道に乗り込み福島県を目指す。


まだ日が昇るか昇らないかという時間帯で、おまけに今日は普通の土日ということもあって、さすがに東北道もガラガラだ。

東北道の起点となる川口JCTから福島県の県庁所在地がある福島市まではおよそ250㎞。


目的地まではさすがにかなりの距離があるので、途中、佐野SA、上河内SA、那須高原SA、安達太良SAとこまめに休憩しながら福島県を目指す。

上河内SAでは、飲食コーナーにある「豚喜喜(とんきっき)」で餃子を食べるのが東北へ向かう際には自分の中での定番になりつつあるのだが、今回も腹ごしらえに餃子を一皿パクリ。


上河内SAの桜


今日は4月12日の土曜日。

すでに東京の都心部では、桜も散り終わってしまった頃の週末であったが、SAの施設の前にあった桜はまさに今が満開で、実に美しかった。


那須高原SAの牛串


なおも東北道を北上し、お次は那須高原SA。

こちらでは、外の露店で牛串が売られていたので、たまらず購入し、あっという間にパクリ。


那須高原SAを過ぎれば、東北道は福島県に入り、いよいよこれより“みちのく”だ。


安達太良SAから眺める安達太良山


福島県に入って安達太良SAでは、施設の脇にある展望所からまだ雪残る安達太良山の雄大な山並みを眺める。

こちらも大変素晴らしかった。


さて、今回の目的地は、福島県の県庁所在地、福島市内にある花見山だ。

事前に何度もウェザーニュースのさくらchとにらめっこをして、最後まで新潟県の上越市にある高田公園に行くか悩みに悩んだ末、花見山に行くことを決めた(^^;


花見山へは、東北道の福島西ICで下りるのが最も近いのだが、少し寄り道をして、手前の二本松ICで高速を下り、まずは国道4号線で道の駅安達へと向かうことにした。

国道4号線は、さすが東北を縦断する主要な道路ということもあって、高速を下りてもまるでまた高速を走っているかのようだった(^^;


そして、こちらの道の駅安達なのだが、びっくりしたのが、上りと下りでそれぞれ別個に道の駅の施設が分かれているのだ。

なんだかこちらも上下線があるSAのようで、さらになんか高速道路っぽい(^^;(^^;


道の駅安達(下り線)


道の駅の背景に映る雪の安達太良山が、やはりなんとも素晴らしかった。


道の駅安達・万燈桜


こちらの巨大な桜の樹は、満開になるまではまだまだといった感じ。


道の駅安達は、「智恵子のふる里」ということで、やたらとその“智恵子”さんという方が猛プッシュされていたのだが、とりあえずひととおり道の駅を散策。

そして結局私は、その“智恵子”さんという方が最後まで何者だったかが分からずに、そのまま道の駅を後にし、目的地である花見山へと向かって行ってしまったのであった…

―続く


いやぁ~、それにしても“智恵子”さんという方は何者だったんですかね~

道の駅の紹介記事を書く前までには、困った時のgoogleさんに聞いてみて、“智恵子”さんについて調べておこうかと思っております(^^;


というわけで、残念ながら今回まだお花見スポットまで辿り着けませんでしたが、次回はいよいよ花見山編です!

東北の春の様子をどしどし紹介していけたらと思っておりますので、また次回もよろしくお願いします~


ではでは(^^)v




↓↓記事が参考になりましたら、ポチっと応援して頂ければ幸いです(^^♪
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

てっぴい

Author:てっぴい
関東在住の20代。週末は専らドライブやサイクリングを楽しみながら西へ東へ。
旅先での出来事や国内各地の観光名所について気軽に綴っていきます。
(2017/2/22バスサガスBlog寄稿させていただきました(^^
よろしければ旅のご参考にぜひご覧ください!
今回投稿記事→「渥美半島の最先端!伊良湖岬周辺を巡る絶景の旅」
http://www.bus-sagasu.com/blog/author/cyclingtour587/)

Twitter
2014/8/31Twitter始めました!
Facebook
2015/9/23Facebookページはじめました(^^ みなさまのご訪問お待ちしております! https://www.facebook.com/cyclingtour587
ブログランキング
よろしければポチっと応援よろしくお願いします(^^♪
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR