湯河原温泉の宿泊案内‐奥湯河原周辺の旅館・ホテルを紹介します(その2)

どうもみなさまこんばんは^^
今回も前回に引き続き湯河原温泉の宿泊旅館・ホテル案内になります。

奥湯河原温泉郷からさらに2軒旅館を紹介します。


湯河原温泉の観光案内はこちらをどうぞ^^

>>紅葉前線もいよいよ海際へ!神奈川県の観光名所湯河原温泉を紹介します (11/24)
>>湯河原温泉紅葉イベント情報!奥湯河原にあるお茶室を紹介します (11/26)
>>湯河原温泉ちょこっと散策情報!不動滝を紹介します (11/28)
>>足湯で疲れを吹き飛ばせ!湯河原温泉の観光名所独歩の湯を紹介します (11/30)

また、湯河原温泉のその他の宿泊施設の情報はこちらを参考にしてみてください^^

>>湯河原温泉の宿泊案内!まとめ (01/23)


海石榴 つばき

奥湯河原のバス停から湯河原パークウェイ方面へ向かうすぐ手前にある数寄屋造りの宿。
最高級グレードとなる迎賓館では90~200平米+露天風呂付きの広々とした部屋で、宿でのひとときを満喫することが出来る。

また、本館の部屋にも露天風呂付きの部屋がいくつか用意されている。

料理は季節に合わせた春・夏・秋・冬の料亭旅館ならではの懐石料理。

旅館内にはなんとスパも完備。
宿泊+スパのプランも用意されている。

目安価格帯:スタンダード懐石プラン 2名1室お一人様45300円~








〒259-0314
神奈川県足柄下郡
湯河原町宮上776
TEL 0465-63-3333






じゃらんnetで予約する>>


一休.comで予約する>>


JTBで予約する>>


Yahoo!トラベルで予約する>>





四季を彩る源泉の宿 奥湯河原温泉 加満田

奥湯河原のバス停から湯河原パークウェイ方面へは行かずに左手の道を進んだ先にある宿。
多くの作家に愛された純和風の旅館。

全ての客室の内風呂に天然温泉を通し、館内に2つある貸切風呂は無料で利用が可能。
作家・水上勉が執筆活動に用いた部屋は現在特別室の丹頂の間として用意され、8畳+4.5畳の和室にベットルームを加え、さらに書斎がついた部屋になっている。

料理は部屋内にて楽しむことが出来る旅館。

また、旅館の敷地は広大で、道を挟んだ向かい側には自家菜園やアゲチ沢に沿って庭園が広がっている。

目安価格帯:スタンダードプラン―季節の夕膳― 2名1室お一人様23100円~








〒259-0314
神奈川県足柄下郡
湯河原町宮上784
TEL 0465-62-2151






じゃらんnetで予約する>>





↓↓記事が参考になりましたら、ポチっと応援して頂ければ幸いです(^^♪
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

てっぴい

Author:てっぴい
関東在住の20代。週末は専らドライブやサイクリングを楽しみながら西へ東へ。
旅先での出来事や国内各地の観光名所について気軽に綴っていきます。
(2017/2/22バスサガスBlog寄稿させていただきました(^^
よろしければ旅のご参考にぜひご覧ください!
今回投稿記事→「渥美半島の最先端!伊良湖岬周辺を巡る絶景の旅」
http://www.bus-sagasu.com/blog/author/cyclingtour587/)

Twitter
2014/8/31Twitter始めました!
Facebook
2015/9/23Facebookページはじめました(^^ みなさまのご訪問お待ちしております! https://www.facebook.com/cyclingtour587
ブログランキング
よろしければポチっと応援よろしくお願いします(^^♪
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR